上写真=ゴールを喜ぶ大津。大崎⑨の先制点を皮切りに、5得点を奪った
写真◎金子悟

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(神奈川・三ツ沢)
桐光学園(神奈川) 0-5 大津(熊本)
得点者:(大)大崎舜、大竹悠聖3、宮原愛輝

インターハイ準Vチーム相手の高い集中力

 地元の大声援を受けるインターハイ準優勝の桐光学園に対し、大津は集中力高く戦った。5分にはスローインの流れから、大崎舜がクロスを頭で合わせて先制。大津はしっかりと守備ブロックを整え、先制の5分後には追加点を奪う。後半に入っても大津の堅固さに揺らぎはなく、53分、59分と大竹が2点を追加し、ハットトリックを達成。チームを勝利にぐっと近づけた。終了間際の5点目で集中力の高さを証明した大津が、力強く2回戦へと勝ち上がった。

This article is a sponsored article by
''.