上写真=決勝点を挙げた大分のキャプテン山口
写真◎近藤俊哉

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(神奈川・等々力)
東邦(愛知) 1-3 大分(大分)
得点者:(東)仲井涼太(大)谷川海翔、山口卓己、菊地孔明

エースと主将が前半に得点

 互いに4-1-4-1のシステムを採用したミラーゲームで、主導権を握ったのは大分だった。CBの2人とアンカーがビルドアップの起点となり、前線の選手はポジションチェンジを繰り返して流動的なサッカーを展開すると、前半7分にエースの谷川が豪快なシュートを決めて幸先良く先制。19分にはキャプテン山口が相手DFのマークを剥がし、貴重な追加点を挙げた。
 対する東邦も、33分にFKを仲井が合わせて反撃の狼煙を上げ、後半からは2トップに変更し前線を厚くしたが、同点ゴールを奪うには至らなかった。すると67分、大分の重見がドリブル突破を仕掛け、最後はパスを受けた菊地が冷静に3点目を決めて、勝負あり。2年ぶり10回目の出場となる大分が東邦を下し、2回戦に駒を進めた。 

This article is a sponsored article by
''.