上写真=2ゴールを挙げた立正大淞南の鶴野
写真◎近藤俊哉

■2018年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(神奈川・等々力)
岐阜工(岐阜) 0-4 立正大淞南(島根)
得点者:(立)藤井奨也2、鶴野怜樹2

得点源の2人が4得点を記録

 全員のハードワークと前線からのプレッシング、そして素早い攻守の切り替え。ストロングポイントを生かした立正大淞南が岐阜工を下し、2回戦に進出した。まずは前半9分、石橋のサイド突破から、最後はエースナンバー「17」を背負う藤井が流し込んで先制。さらに23分には鶴野、39分には再び藤井が決めて、立正大淞南が前半だけで3点のリードを奪った。
 後半に入っても立正大淞南の勢いは衰えず、48分に鶴野もこの日2度目のネットを揺らし、ダメ押しの4点目を奪取。岐阜工も一矢報いようと最後まで攻めたが、攻守で上回った立正大淞南は最後まで隙を見せず、4-0の圧勝で4大会ぶりに初戦を突破した。

This article is a sponsored article by
''.