上写真=初戦でゴールを決め、前橋育英を勝利へ導いた榎本(9)
写真◎佐藤博之

■2019年1月2日 全国高校サッカー選手権2回戦(埼玉・浦和駒場)
前橋育英(群馬) 2-0 宇和島東(愛媛)
得点者:(前)室井彗佑、榎本樹

2トップがそろい踏み

 前回大会の覇者・前橋育英の初戦となった2回戦。8年ぶりに選手権の舞台に立つ宇和島東との対戦となった。前橋育英は前半18分にCKを得ると、そのチャンスでFW室井彗佑がゴールを決め、幸先よく先制点を挙げる。後半には、エースストライカーの榎本樹が追加点を奪い、その差を2点に広げる。その後は得点を奪えなかったものの、前後半合わせて18本ものシュートを浴びせた前橋育英が、宇和島東を寄せ付けず、連覇へ向けて好スタートを切った。

This article is a sponsored article by
''.