上写真=2試合連続ゴールで8強入りに貢献した瀬戸内FW中川歩夢(左)
写真◎中島光明

■2019年1月3日 全国高校サッカー選手権3回戦(東京・駒沢)
瀬戸内(広島) 2-1 岡山学芸館(岡山)
得点者=(瀬)中川歩夢2 (岡)岡田知也

ミスで先制されるも逆転

 ともにプリンスリーグ中国に所属する隣県のチーム同士の激突は、26分に均衡が破れる。瀬戸内の最終ラインでのミスパスを拾った岡山学芸館FW岡田知也が、ドリブルから右足を振り抜いて逆サイドに蹴り込んだ。しかし瀬戸内は、初戦の2回戦で決勝点を決めた2年生FW中川歩夢が再びヒーローとなる。前半終了間際の40分に2試合連続となる同点ゴールを決めると、55分には逆転ゴール。その後の岡山学芸館の猛攻をしのいだ瀬戸内が、初出場ながら2勝を挙げてベスト8進出を決めた。

This article is a sponsored article by
''.