上写真=試合終了間際に秋田商の山本(2)が同点ヘッドを決める
写真◎福地和男

■2019年1月3日 全国高校サッカー選手権3回戦(千葉・フクアリ)
龍谷(佐賀) 1-1(PK2-4) 秋田商(秋田)
得点者:(龍)今村慎二 (秋)山本翔太

試合終了間際にドラマが……

 初出場ながらベスト16に名を連ねた龍谷は、17分にDF今村慎二がゴールを挙げ、幸先よく先制する。追加点はならないものの、守備陣は秋田商の攻撃陣を封じ、1-0のまま試合終盤へ。勝利も見えてきた終了間際の80分、秋田商にCKを与えると、FW長谷川悠の蹴ったボールをDF山本翔太にヘディングでシュートを決められ、土壇場で同点に。決着はPK戦へと委ねられる。龍谷は2人のキッカーが失敗したのに対し、秋田商は4人が成功し、勝負あり。龍谷の初めての選手権は3回戦で幕を閉じた。

This article is a sponsored article by
''.