上写真=矢板中央は主将・白井を中心に堅いディフェンスを見せた
写真◎近藤俊哉

■2019年1月3日 全国高校サッカー選手権3回戦(神奈川・等々力)
立正大淞南(島根) 0-1 矢板中央(栃木)
得点者:(矢)白井陽貴

自慢の堅守で完封勝利

 プリンスリーグ関東王者の矢板中央が虎の子の1点を守り抜き、2年連続での8強入りを決めた。決勝点が生まれたのは、開始早々の2分。五十嵐磨於のシュートを白井陽貴が巧みにコースを変え、ゴールに流し込んだ。前後半を通じて立正大淞南に攻め込まれる時間が続いたが、主将の白井やGK安西駿を中心に粘り強く守り、「向こうのほうがディフェンス力は上だった」と南健司監督(立正大淞南)。ここまでの2試合で10ゴールを挙げてきた立正大淞南だったが、この日は自慢の得点力が影を潜め、矢板中央が最少得点差でしたたかに勝利をつかんだ。

This article is a sponsored article by
''.