上写真=川崎Fに新加入した山村和也
写真◎杉園昌之

 J1で3連覇を狙う川崎フロンターレが1月27日、川崎市内の洗足学園音楽大学で新体制発表会見を行ない、日本代表経験を持つ山村和也をはじめ、ロンドン五輪の得点王でブラジル代表歴もあるレアンドロ・ダミアンら8人の新戦力が意気込みを述べた。

「新しいチャレンジがしたかった」

 鹿島、C大阪で経験を積んできたプロ8年目の山村は、チャンピオンチームでのレギュラー争いに胸を高鳴らせていた。

「新しいチャレンジをしたかった。試合に出るのは難しいと思うが、自身の成長のために来た。違ったスタイルのサッカーを経験し、プレーの幅を広げたい」

 2016年から18年まで在籍したC大阪ではセンターバックをはじめ、ボランチからFWまでこなした。3シーズン(J2含む)でリーグ通算16ゴールを挙げた得点力は本物。昨年、川崎Fも苦汁をなめさせられている。2連覇を決めた11月10日のヤンマースタジアムでは、同点で迎えたアディショナルタイムに決勝ゴールをマーク。1000人近いファン・サポーターが見守った新体制発表会見では「優勝に水をさしてすいません」とぺこりと頭を下げて、会場の笑いを誘っていた。

 新天地でも多くのポジションで起用されそうだ。鬼木監督もユーティリティー性を買っていた。

「ボランチか前のポジションになってくる。攻撃が好きみたいなので。ただ、オプションで後ろ(センターバック)でも使えます」

 本人も意欲にあふれていた。

「ゴールは取れるほうがいい。監督が出場させてくれるポジションで結果を出します」

 円熟味の増した29歳が、王者のチーム力を底上げする。

取材◎杉園昌之

画像: レアンドロ・ダミアン(9)らブラジル人選手を筆頭に、J1・3連覇へ向け、各ポジションに実力者を補強した 写真◎杉園昌之

レアンドロ・ダミアン(9)らブラジル人選手を筆頭に、J1・3連覇へ向け、各ポジションに実力者を補強した 写真◎杉園昌之

This article is a sponsored article by
''.