スーパーボウルのなかでも、名勝負と言われた試合の1つが、2003年2月3日に開催された第36回スーパーボウル。当時、セントルイスをフランチャイズとしてラムズが、ペイトリオッツと対戦した。

 ルイジアナ・スーパードーム(現メルセデス・ベンツ・スーパードーム/ルイジアナ州ニューオーリンズ)で行われた試合は、ペイトリオッツの守備が奮闘して、17-3とリードを広げた。しかし、ラムズがここから反撃、第4Qの終盤に17-17の同点に追いついた。

 残り1分37秒。ここからプロ2年目のクォーターバック、トム・ブレイディ率いるペイトリオッツが3回のダウンを更新。アダム・ビナティエリが48ヤードのフィールドゴールを成功させ、愛国者たちがビンス・ロンバルディトロフィーを初めて手にした。

【PR】DAZNで配信されるスーパーボウル。1カ月間の無料トライアルで視聴できる!

This article is a sponsored article by
''.