稀勢の里が引退し、栃ノ心、鶴竜が休場。髙安、豪栄道の両大関も不振の中、白鵬の独走ムードとなった初場所。しかし、最後に賜盃を手にしたのは、34歳の関脇玉鷲だった。本誌では、全15日間の熱戦グラフ+支度部屋マイクで熱戦の振り返り、優勝、三賞力士、新昇進力士、各段優勝者、初場所カラースケッチなど盛りだくさんな内容をグラビアで紹介。本文では、初場所レビュー、幕内・十両および幕下以下力士の全星取表、十両以下決まり手つき全勝負、新弟子名鑑など、初場所の情報を満載してお届けします。

<相撲2月号おもな内容>
◎カラー
 ・玉鷲、34歳で初優勝!
 ・初場所三賞力士
 ・稀勢の里引退、年寄荒磯襲名
 ・2年ぶりの天覧相撲
 ・新関脇 貴景勝光信(千賀ノ浦)
 ・新入幕 矢後太規(尾車)
 ・初場所熱戦グラフ+支度部屋マイク
 ・十両以下各段優勝者/元関脇豪風が引退、年寄押尾川襲名

◆本文
 ・初場所レビュー
 ・幕内全力士初場所自己採点
 ・十両の土俵から
 ・十両以下各段優勝力士喜び詳報
 ・十両以下決まり手つき全勝負
 ・幕内・十両および幕下以下全力士星取表
 ・春巡業、節分案内
 ・初場所新弟子名鑑

◆好評連載
 ・<大銀杏が待っている> 木﨑海伸之助(木瀬)
 ・一門別年寄一覧表&「相撲部屋聞き書き帖」
 ・<アマ翔ける> わんぱく相撲と大相撲
 ・角界ニュース

『相撲』3月号は2月28日(木)発売です。

This article is a sponsored article by
''.