※写真上=IFBBプロリーグ・ビキニでは、17選手が競演
写真◎福地和男

 去る2月24日、カルッツかわさき(神奈川県川崎市)にて「マッスルコンテストジャパン」が開催された。アメリカで30年以上の歴史を誇る、老舗のフィットネス競技イベント「マッスルコンテスト」。近年はベトナム、アイルランド、インド、フィリピン、ブラジルでも開催され、ワールドワイドなコンテストに変貌を遂げており、このたび、ついに日本初上陸となった。

筋肉美の競演

 メイン会場の大体育館では、マッスルコンテストとして「ボディビルディング」「クラシックフィジーク」「男子フィジーク」「女子フィジーク」「フィギュア(ボディフィットネス)」「ビキニ」の6競技が行われた。

 各競技のプロクオリファイカテゴリーでは、各クラスの優勝者でオーバーオール審査が実施され、オーバーオールをも制した選手はIFBBプロカードを申請・取得できる。
 プロを目指し、世界各国からエントリーがあった今大会は、女子フィジークとフィギュアで日本人選手が総合優勝を果たし、プロカードを手にした。

画像: 今大会で6選手がプロカードを獲得。(写真左から)ボディビルディング=メンヤオ・チェン選手、クラシックフィジーク=アブデルカリム・アマリ選手、男子フィジーク=アントニオ・コイケ選手、マッスルコンテストジャパンCEO=テイマー・エルグンディ氏、IFBBプロビキニ優勝=キム・グティエレス選手、ビキニ=ヨーンナ・リー選手、フィギュア=秋山千香子選手、女子フィジーク=ヒロミ・メイ選手

今大会で6選手がプロカードを獲得。(写真左から)ボディビルディング=メンヤオ・チェン選手、クラシックフィジーク=アブデルカリム・アマリ選手、男子フィジーク=アントニオ・コイケ選手、マッスルコンテストジャパンCEO=テイマー・エルグンディ氏、IFBBプロビキニ優勝=キム・グティエレス選手、ビキニ=ヨーンナ・リー選手、フィギュア=秋山千香子選手、女子フィジーク=ヒロミ・メイ選手

 IFBBプロ選手が出場する「IFBBプロリーグビキニ」には、17名の選手がエントリー。日本人唯一のIFBBプロビキニ選手であるMIHARU(倉地美晴)選手は、残念ながら欠場となったが、世界トップクラスの肉体美の競演に、場内は大きな盛り上がりを見せた。

 また「誰でも気軽に参加できる」というコンセプトの下、「マッスルゲート」も同時開催された。こちらは男子フィジーク、フィットネスビキニ、フィギュアの3競技で、一般とノービス(初心者)の部が設けられた。さらに、小体育館ではマッスルゲート・パワーリフティング部門として、ベンチプレスとデッドリフトの試技も展開された。

This article is a sponsored article by
''.