諸々の条件が重ならなければ、なかなか成功しないであろう、ライトフライで一塁から二塁へのタッチアップ。最終回2点差で一死1、2塁、次打者は二番、この状況でアウトになればゲームセット。しかし京田は走った!結果はアウトだったけど、これぞプロフェッショナル!予想外のプレーが観客を魅了する。

魅せてこそプロフェッショナルだ。ガックリ感もカメラマン好みです。

※写真上=上林の右飛で一塁走者京田、2塁狙いタッチアップするもタッチアウトでゲームセット
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

This article is a sponsored article by
''.