3月10日、名古屋Women`s マラソン。

右は二人の外国人選手を従えるように、39km地点を激走する福士加代子(ワコール)。

一方、すれ違うように走るのは、スタートから17kmの市民ランナー。

今回参加は、約22000人。ギネスブックで世界最大の女子マラソンとして認定された。

走る環境は対照的でも、懸命にゴールを目指す気持ちは同じ。

「がんばって!」 大渋滞のなかから、福士選手に何度も声援がとんだ。

2時間24分9秒でフィニッシュ。日本人2位となった福士は、1月の大阪国際のリベンジを果たし、

MGC出場を決めた。

※写真上=声援を受けながら、39km地点を走る福士佳代子(ワコール)
撮影◎椛本結城(本社写真部)

This article is a sponsored article by
''.