湘南が逃げ切り、3戦ぶりの勝利。序盤から果敢にプレスをかけ、鋭い速攻で好機を作った。43分にはCBの小野田将人が攻め上がり、クロスに飛び込んで先制ゴールをマーク。後半にも素早い攻守の切り替えからチャンスを生み出し、63分には山根視来が2点目を決めた。終盤は1失点を喫したが、粘り強いで守備でしのいだ。一方の仙台は後半から吉尾海夏と阿部拓馬を投入して反撃を試みて1点を返したが、あと一歩及ばず。開幕から4戦勝ちなしで最下位となった。

上写真=JFLからステップアップしてきた湘南の小野田がJ1初出場で初得点を記録した(写真◎J.LEAGUE)

■2019年3月17日 J1リーグ第4節
湘南 2-1 仙台
得点:(湘)小野田将人、山根視来 (仙)ハモン・ロペス

JFLから2つ飛ばしでJ1初出場初得点

 地域リーグでキャリアをスタートした出世魚が、大胆不敵にJ1初ゴールをマークした。プロ5年目で初めてJ1のピッチに立った湘南のCB小野田は立ち上がりから果敢な攻撃参加でゴールに迫る。43分には杉岡大暉の左クロスに勢いよく飛び込み、右足をぐんと伸ばし、スライディングでゴールネットを揺らした。

「無我夢中でした。あまり覚えていませんが、スライディングでゴールを決めた記憶なんてないですね」

 3月11日のルヴァン杯第2節・横浜FM戦で「湘南デビュー」を果たし、この日はリーグ戦でも抜擢された。中3日の連戦となったが、持ち味のスピードあふれるオーバーラップを存分に発揮し、曺貴裁監督の期待にしっかり応えた。

「何の迷いもなく、前に出て行ける。これは湘南ならではだと思う。僕自身、やりやすいです」

 チャンスをものにした22歳は、異例のステップアップを果たしたシンデレラボーイ。大分・柳ヶ浦高を卒業後、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治でプレー。四国リーグで2年間、JFLで2年間、向上心を持って日々努力を重ね続けた。そして今季、カテゴリーを2つ飛ばして、湘南に加入。「自信はあった」と言うものの、J1にたどり着くなり、すぐさま結果を残した。
 試合後、FC今治の岡田オーナーから曺貴裁監督のもとに「“調子に乗るな”と伝えてくれ」と連絡が入ったという。それを聞いた本人は「愛情の裏返しだと思います。得点を取ったらOKではないので」と笑みをこぼした。

 喜んでばかりではない。3バックの一角としての反省も忘れなかった。マークを外して失点を許し、「自分の責任」と唇をかんだ。それでも、すぐに前を向き、今後を見据えた。

「試合に絡み続けるようにしたい。先発ならゲームの流れを作り、途中出場なら流れを変えたいです。いつでも100%の力を出せるように準備します」

 Jリーガーとして、ようやく第一歩を踏み出した。

取材◎杉園昌之 写真◎J.LEAGUE

This article is a sponsored article by
''.