平成元年のセンバツ優勝校でもあった東邦は大会前から「平成最後も優勝する!」との宣言通り有言実行の優勝を飾った。

東邦アルプス席では平成元年優勝時のエース山田喜久夫氏も母校に声援を送っていた。

こんな巡り合わせがあるのも高校野球ファンにはたまらないのだろう。

今から「令和最初のチャンピオン」の称号が付く夏の大会が楽しみだ。

※写真上=決勝は主将でエースの石川の2本塁打で完勝した東邦
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

This article is a sponsored article by
''.