「ベースボールカード」といえば、この1stバージョン! シーズンの幕開けにふさわしいボリューム満点のアイテムを総まとめ!

特殊ホロ紙を使用した新インサート
「DOMINATOR」の輝きに注目!
台湾の大王・王柏融、
ゴールデンルーキー・根尾昂が初の3Dカードに!

 カード初心者からマニアまで楽しめる、プロ野球カードの王道アイテム「1stバージョン」が好評発売中です。

 今年から1パックにカード8枚入りになった分、インサートなどの仕様が強化されました。1ボックスからインサートやパラレル、シリアル入りカードが約12枚出現します。20パック入りなので、半分以上のパックから何らかの“当たりカード”が出てくるオッズになっています。

 インサートカードは4つのラインに増え、全48種類の大ボリュームに!

 和を意識した「JAPONISM」やハイテク加工の3Dカードなどバリエーション豊かですが、注目は新機軸の「DOMINATOR」。高級感のある特殊ホロ紙を使用し、さらにラメ加工を施した50枚限定のパラレル版も設定されています。

 そして、人気の高いクロス直筆サインカードには根尾昂、吉田輝星、藤原恭大ら注目のドラフト1位ルーキーもラインアップされているんですよ!

 シークレット版も楽しいレギュラーから、豊富なインサート、さらにはレアなメモラやサインまで、カードコレクションの魅力がたっぷり詰まっています。平成最後の「1stバージョン」をぜひお楽しみください。

2019年4月発売
全コレクション 492種
1パック(カード8枚入り) 価格(本体300円+税)
1ボックス(20パック入り) 価格(本体6,000円+税)

LINE UP

☆レギュラーカード☆
□レギュラー 324種
※各球団9種に銀箔(1枚/約7パック)、金箔(各100枚限定)、ホロ箔(各50枚限定)、赤箔(各25枚限定)、緑箔(各10枚限定)の箔サインパラレル版あり
※ドラフト7位以上のルーキーカード80種に各200枚限定、各100枚限定、各50枚限定のパラレル版、ドラフト1位ルーキー12種に背番号枚数限定の箔サイン版あり
※各チーム1種に写真違いのシークレット版あり
□チームチェックリスト 12種
□CROSS SUNRISE 36種
※各100枚限定のパラレル版、特別仕様の1of1パラレルあり

☆インサートカード☆
□BEGINNING 12種
※各100枚限定のパラレル版あり
□DOMINATOR 12種
※各50枚限定のパラレル版あり
□JAPONISM 12種
□3D CROSS SUNRISE 12種
※各25枚限定

スペシャルインサートカード
□メモラビリアカード 3種
□直筆サインカード 59種
□コンボ直筆サインカード 3種
□スペシャル直筆サインカード 7種

※チェックリスト、直筆サインカードの種類・枚数は下記をご覧ください

Voice from Editor

 昨年の「1stバージョン」で初登場し、和テイストを大胆に取り入れたデザインがカードファンから好評を得た「JAPONISM」。

 今年は淡色だった背景を色鮮やかにすることで、より浮世絵を想起させるようなデザインをめざしました。デザイナーに伝えたコンセプトは「竹林と富士山」。うっそうとした竹林の隙間から雄大な富士山が垣間見える構図は、イメージ通りの仕上がりでした。

 選手写真の手前に焦点をぼかした笹の葉を、富士山の後ろには太陽を配したことによって、より全体の奥行きが広がり、遠近感が強調されています。江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎が描いた「富嶽百景」の中に有名な「竹林の不二」がありますが、まさにそれを彷彿させるような1枚です。

カード紹介

〈レギュラーカード 324種(各球団監督+26選手)〉

 レギュラーのデザインは、シンプルな白を基調にしながら、選手名のフォントと文字間にこだわってみました。少し細めの書体を採用することで背景の白地を生かし、さらに名字のアルファベットに刺し色を入れて強調させています。
 
 頭を悩ませたのは文字間で、例えば「Cristopher Crisostomo MERCEDES」と「Akira NEO」。このように極端に長さの違う2つの選手名でも違和感なく配置できるベストな配置にしました。
 
 写真で注目は、巨人・菅野智之投手。両手を高々と挙げたガッツポーズは、昨年のクライマックスシリーズでノーヒットノーランを達成した歴史的瞬間です。
 
 箔サインパラレルは銀箔がボックス3枚で、各100枚限定の金箔、各50枚限定のホロ箔、各25枚限定の赤箔、各10枚限定の緑箔があります。ルーキーパラレルはドラフト7位以上の80種で各200枚限定の銀紙版をベースに、各100枚限定のホロ銀紙版、各50枚限定のディープグリーン箔版、さらにドラフト1位ルーキー限定で背番号枚数限定の箔サイン版を設定しています。各球団1種のシークレット版もお楽しみに!

〈レギュラーカード CROSS SUNRISE 36種〉

 今年のクロスブランドのテーマは日の出。5月1日から新元号が始まることもあり、新しい時代の到来と希望を予感させる御来光をイメージしました。
 
 パラレル版は各100枚限定の金紙版とホロ紙を使用した1of1パラレルを展開。金紙版は紙色の関係で少し赤みがかかって見えるので、夕焼けのようなイメージの仕上がりに印象ががらりと変わっています。

〈レギュラーカード チームチェックリスト〉

 チェックリストは春季キャンプの雑感写真から休日でのオフショットや練習中のちょっと変わった瞬間をセレクト。巨人はブルペンでキャッチボールをする原辰徳監督の写真ですが、その背後にいるのは菅野智之投手。貴重な“2ショット”です。

〈インサートカード BEGINNING 12種〉

 若手の注目株をクローズアップしたインサートカードで、タイトルとともに配置された「b」のアルファベットが特徴的。金紙の通常版はボックスから約3枚出現します。
 
 パラレル版は各100枚限定のホロ紙版を用意しました。レギュラーには収録されず、こちらにだけしか登場していない選手いるので、よくチェックしてみてください。

〈インサートカード DOMINATOR 12種〉

 「DOMINATOR」とは「支配者」という意味で、各チームからゲームを支配するような主力選手を選びました。輝きが強く、見る角度によって柄が変わる特殊ホロ紙を使っているので、高級感も十分。通常版はボックスから3枚出現し、各50枚限定で表面にラメ加工を追加したパラレル版もあります。

〈インサートカード JAPONISM 12種〉

 昨年に引き続いての登場となった「JAPONISM」。選手名や球団名の表記、タイトルロゴと桜吹雪の箔版は昨年を踏襲することで、インサートシリーズとしての統一感を演出しています。出現率は通常版でも1/60パックで、3ボックスから約1枚しか出てきません。マットな質感の表面加工も、このカードならではのこだわり。今年はパラレル版を設定していないので、ぜひコンプリートにチェレンジしてみてください。

〈インサートカード 3D CROSS SUNRISE 12種〉

 最近、クオリティの高さに定評があるBBMの3Dカードですが、今年もハイレベルな1枚に仕上がりました!「CROSS SUNRISE」の世界観から、手前の山々の連なり、果てしない雲海、そしてあふれ出る太陽光線を3Dで表現しています。
 
 台湾の大王・王柏融選手やゴールデンルーキー・根尾昂選手は初の3Dカードで注目を集めそうです。各25枚限定とレア度もトップクラスですよ。

〈スペシャルインサートカード メモラビリアカード 3種〉

 メモラビリアカードは昨年の日本シリーズで激闘を演じたソフトバンクと広島から、柳田悠岐選手と鈴木誠也選手のホームジャージーで制作。
 
 メモラビリアカードはいろいろなアイテムで封入されていますが、特殊ホロ加工を施した表面加工は「1stバージョン」でしか制作していない激レア仕様です。通常版は各200枚で、パッチ版は柳田選手が20枚、鈴木選手が10枚。コンボ版は10枚限定で、3枚限定のコンボパッチ版もあります。

〈スペシャルインサートカード 直筆サインカード〉

 クロスサインは通常版59種、コンボ版3種、スペシャル版7種を制作。コンボ版の組み合わせは、藤原恭大×根尾昂、田中和基×東克樹、清宮幸太郎×村上宗隆とホットなランアップとなっています。これが初サインとなる内海哲也は、スペシャルサインにも登場します。お楽しみに!

開封動画はこちら!

YouTubeのBBM公式チャンネル、ぜひ登録をお願いします!

画像: 2019 BBM ベースボールカード 1stバージョン youtu.be

2019 BBM ベースボールカード 1stバージョン

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.