◆競泳・第95回日本選手権4日目(4月5日/東京辰巳国際水泳場)
 決勝3種目が行なわれ、瀬戸大也(ANA)が今大会4人目となる個人種目の世界選手権代表の座を獲得した。

※写真上=200mバタフライで一つ目の代表権を手にした瀬戸
写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

【男子200mバタフライ】
瀬戸大也(ANA)1.54.44

 大会前は混戦が予想された男子200mバタフライだったが、ふたを開けてみれば瀬戸大也が2位以下に1秒5以上の差をつける圧勝。派遣標準IIを突破し、世界選手権の代表権を獲得した。しかし、自己ベスト(1分54秒03)更新はならず。「この種目では久々の優勝でうれしいですが、前半ビビッてしまった(100mのラップは54秒73)。200mバタフライはかなりきつい種目なので難しい部分もあるがしばらく(記録面で)足踏み状態なので、何かきっかけをつかめれば。1分53秒台に入れば、また伸びていけると思うけど」と複雑な心境も表した。

 もっとも、この勝利は200m個人メドレーの予選・準決勝もこなすタフな競技日程の中でのもの。明日は200m個人メドレー決勝、一本に集中できることもあり、「自己ベストを更新する可能性は高いので、更新して、全体を勢いづける雰囲気にしたい」と決意を見せた。

 一方、2位以下から派遣標準II突破者は出なかったが、寺田拓未(日本体育大4年)が1分56秒00の自己ベストで2位に入る健闘を見せた。昨年優勝の幌村尚(早稲田大3年)は3位、リオ五輪銀メダリストの坂井聖人(セイコー)は4位タイに終わった。

画像: 男子200mバタフライの上位3選手。左から2位・寺田、1位・瀬戸、3位・幌村 写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

男子200mバタフライの上位3選手。左から2位・寺田、1位・瀬戸、3位・幌村
写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

【男子800m自由形】
平井彬嗣(郵船ロジスティクス)7.55.85

 今大会注目を集めた吉田啓祐(日本大1年)、男子自由形のエース・江原騎士(自衛隊体育学校)がレース序盤を引っ張り、中盤からは主導権争いが目まぐるしく変わる中、レース終盤に抜け出たのは平井彬嗣(郵船ロジスティクス)。ラスト100mでトップに立つと、終盤は吉田との競り合いを制して、この種目初優勝。「吉田君は素晴らしい選手なので、敬意を持ってラスト100mを泳ぎました」とースを振り返ると同時に、「自分にとってのメインは1500m自由形なので、弾みがついた」と、大会最終日(4月8日)に迎える決勝では4年ぶり2度目の優勝に向け、気持ちを新たにした。

画像: 男子800m自由形の上位3選手。左から2位・吉田、1位・平井、3位・竹田渉瑚 写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

男子800m自由形の上位3選手。左から2位・吉田、1位・平井、3位・竹田渉瑚
写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

【女子50m背泳ぎ】
酒井夏海(スウィン美園/武南高3年)28.18

 100m背泳ぎに続いて酒井夏海が制して2冠を達成。しかし、100m同様にタイム的には納得がいくものではなく、「自己ベストを狙っていたので、28秒もかかってしまって残念。残りの200m背泳ぎで何とか個人の派遣標準IIを突破したい」と気持ちを切り替えていた。

画像: 女子50m背泳ぎの上位3選手。左から2位・竹村幸、1位・酒井、3位・高橋美紀 写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

女子50m背泳ぎの上位3選手。左から2位・竹村幸、1位・酒井、3位・高橋美紀
写真◎毛受亮介(スイミング・マガジン)

構成◎牧野 豊(スイミング・マガジン)

This article is a sponsored article by
''.