前WBO世界ミニマム級王者・山中竜也さん(24歳)が17日、大阪市最大の繁華街、曽根崎新地の一等地にまもなくオープンするおにぎり専門店『おにぎり竜』をお披露目。集まった報道陣に自ら握ったおにぎりを振る舞い、心のこもった美味しいおにぎりを存分にアピールした。同店は、19日(金)にオープンする。

上写真=はちまき姿がすっかり板についている山中さん

 昨年7月の初防衛戦でビック・サルダール(フィリピン)に判定負けを喫して王座から陥落。その試合で負った負傷により引退を決意した山中さんが、新たな道を歩み始める。

「現役時代にお世話になっていたスポンサーさんから、声をかけていただき、やることを決めました」と山中さん。おにぎりの具材はなんと23種類と豊富で、また、おにぎりとともに“和”の鉄板、おでんもメニューに含まれている。

「昨年末から半年間、包丁の握り方から練習して、ようやく具材の調理までやれるようになりました。お客様の絶えない、来ていただいたお客様にほっこりしてもらうお店を目指して頑張ります」と抱負を語った。

米や海苔にも当然こだわりの逸品を使用

 お薦めのおにぎりは、「卵黄を4日間出汁につけ、おにぎりの具材にした『乱王醤油』です。現役時代に高タンパクの食事として取り入れていたものです、ぜひご賞味ください」と、報道陣に振る舞った。

 お米は山形産で著名な『つや姫』を使用。炊飯器はタイガー社製の最高級土鍋炊飯ジャーを使用するなど、品質や炊き方にもとことんこだわり抜いている。

 さて、そのお味はというと──。

23種類と豊富なおにぎりに加え、おでんも

 おにぎりはふわっとして、口に入るととろけるような抜群さ。その場で山中さん自らが巻く有明産の最高級品海苔はサラッと炙られ、シャキッとした歯ごたえ。米と海苔のコンビネーションはまさに絶品だ。

取材&写真_植田洋介

『おにぎり竜(おにぎり専門店)』
住所:大阪市北区曽根崎新地1丁目1-16クリスタルコートビル103
電話番号:06-6131-777
営業時間:18時半~深夜
座席数:カウンター10席
定休日:日曜日・祝日
※JR東西線「北新地駅」から徒歩5分

This article is a sponsored article by
''.