「2019宮崎プロアマオープン」は、佐藤まさみ(42期、ダイトースターレーン)が大会初優勝を決めました。
 予選をAシフト7位で通過、準決勝BRRではEブロックに入り、同ブロック2位で決勝トーナメント(TM)に進みます。決勝トーナメント1回戦では堂元美佐(35期)に193―192で競り勝ち、2回戦でも坂倉にいな(47期)に218―201で勝利、準決勝へ勝ち上がりました。
 準決勝では前回大会のベストアマチュアで中学3年生の中島瑞葵選手と対戦。プロにとってアマチュアボウラーとの対戦はしばしば苦戦を強いられます。佐藤も前半はリードを奪われましたが、6フレからのフォースで逆転、210―187で勝利しました。
 優勝決定戦では初優勝を狙う本橋優美(51期)と対戦。9フレまでピン差の競り合いの末、佐藤が196―186で本橋を下し、18年の最終戦「第50回全日本女子プロボウリング選手権」に続く、通算5勝目を挙げました。

画像: 優勝した佐藤(左)とベストアマの中島選手 写真/BBM

優勝した佐藤(左)とベストアマの中島選手 写真/BBM

This article is a sponsored article by
''.