2019年のBBMカード、球団別チームパックの第3弾として横浜DeNAベイスターズが登場です!
これまでの情報のまとめ記事、コレクションの参考にぜひどうぞ。

巻き返しを狙うメンバーたち
種類豊富な直筆サインカードに注目!

 球界を代表する大砲・筒香嘉智、守護神・山﨑康晃を軸に、節目の球団創立70周年での日本一を狙うDeNAの2019年カードが登場!!

 本塁打王のN.ソトに筒香、宮﨑敏郎、J.ロペスと強打者が並ぶ中軸は、一度波に乗ればリーグ屈指の破壊力を備える。開幕から好投を続ける今永昇太を軸に若手投手陣がステップアップを果たすことで、昨季のBクラスから巻き返しが楽しみだ。

 枚数限定の直筆サインカードは、通常版に加え、コンボ、ルーキー、クロス、シルバー、1of1と今年も種類豊富。そして昨年大きな話題となった激レアインサートカード「Phantom」は、さらに豪華な加工を施されており必見だ。

2019年4月発売
全コレクション 217種
1ボックス(20パック入り) 価格(本体8,000円+税)
1パック(6枚入り) 価格(本体400円+税)

LINE UP

☆レギュラーカード☆
□レギュラー 70種
□Limelight 5種
□Lockdown 3種
□Hop Step Jump 3種

☆インサートカード☆
□Catch The One 9種
□Yokohama Pedigree 4種
□Sail Away 5種
□Phantom 18種

☆スペシャルインサートカード☆
□直筆サインカード 71種
□コンボ直筆サインカード 2種
□クロス直筆サインカード 3種
□シルバー直筆サインカード 9種
□1of1直筆サインカード 9種
□ルーキー直筆サインカード 6種

※チェックリスト、直筆サインカードの枚数は下記をご覧ください。

カード紹介

〈レギュラーカード レギュラー〉

 チームカラーの青系の基調としつつ、ベイスターズのチーム名から星を両サイドに配置しました。青色の部分はスカイブルーを基調としたグラデーションで、ビジタージャージーを彷彿とさせる配色にしています。

〈レギュラーカード サブセット〉

Limelight
 昨シーズン、タイトルもしくは表彰を受賞した選手たちを集めました。周囲から注目を集める煌びやかな活躍をしたことを意識したデザインです。

Lockdown
 勝ちゲームに欠かせないリリーフ陣の中心投手たちによるサブセット。彼が登板したら、リードをそのまましっかり守って逃げ切れる。その盤石ぶり、強固さを強調しました。

Hop Step Jump
 今シーズンがプロ3年目で、大きな飛躍を期待したい選手たちで構成しました。タイトルが3ワード、また、写真をサイズ違い・カラーリング違いで3枚使っているところと、「3」にこだわりを持ったカードにしました。

〈インサートカード〉

Catch The One
 タイトルは、シンプルに頂点である1位をつかもうという意味を込めました。節目の70周年で悲願の日本一をつかむためには貢献が欠かせない主力選手の9名を選んでいます。チームカラーである青が映えるデザインにするとともに、球団70周年の記念マークでも映える黄色をタイトルの最初に使いました。

Yokohama Pedigree
 全国屈指の名門として野球ファンにお馴染みである地元・横浜高校出身の選手4名で構成しました。さらに横浜色を前面に押し出すために、背景として横浜の名所の風景を使用しています。

Sail Away
 チームに大きな活力を与える存在と、ステップアップを期待したい若手選手たちによるカードです。横浜が港町であることを意識したタイトルとデザインにしました。

〈スペシャルインサートカード 直筆サインカード〉

 チームカラーである青を基調としつつも、濃淡の変化をつけることでスッキリとしたデザインになることに注力しました。

〈スペシャルインサートカード スペシャル直筆サインカード〉

シルバー直筆サインカード、1of1直筆サインカード
 2枚の写真を使い、上半身のアップをメインにしつつ、もう1つは全身写真とメリハリをつけました。異なる2枚の写真が1つのカードに使われるのはこのスペシャルサインカードのみであり、少ない枚数限定であるこのサインカードに相応しいプレミアム感を出しました。

開封動画はこちら!

YouTubeのBBM公式チャンネル、ぜひ登録をお願いします!

画像: 公式! 日本一早いBBM カード BOX BREAK 【107】BBM横浜DeNAベイスターズベースボールカード2019 youtu.be

公式! 日本一早いBBM カード BOX BREAK 【107】BBM横浜DeNAベイスターズベースボールカード2019

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.