1988年のカルガリー・オリンピックでショートトラックスピードスケート金メダルに輝いた獅子井英子さんは、現役引退後、介護福祉の世界に活躍の場を移した。介護老人福祉施設で日々奮闘する獅子井さんが、現役介護士としての経験をもとに「健康に生きる」ための秘訣を語る。現在発売中のシニア向け健康雑誌『健康生活マガジン「健康一番」けんいち』Vol.20(特集:頚椎症・首こり・肩の痛み)掲載の記事の中から一部抜粋して紹介します。
<プロフィール>
獅子井英子(ししい・えいこ)
1965年8月19日、東京都出身。ショートトラックスピードスケートの選手として1985年、87年の世界選手権で優勝。「ショートの女王」と呼ばれる。88年のカルガリー五輪では5種目に出場し、女子3000mで金メダル、女子3000mリレーで銀メダルを獲得。冬季五輪史上初の日本人女子メダリストとなった。引退後は介護福祉の仕事に就く。現在は埼玉県熊谷市の特別養護老人ホーム「立正たちばなホーム」で副施設長を務める。介護福祉士。介護支援専門員。認知症ケア専門士。健康管理士。

ショートトラックの選手から介護士に転身した理由

 ショートトラックスピードスケートの選手として22歳でオリンピックで金メダルをとったあと、しばらく指導者として活動していましたが、結婚・出産を機にスケートの世界を離れました。私が30歳くらいのときに、祖父が脳梗塞で倒れるという事態に。
 当時はまだ介護保険制度が始まる前で(制度の開始は2000年4月から)、祖母とともに自宅で祖父の介護を行いました。一命はとりとめたものの、マヒの残っている祖父をどのようにお風呂に入れたらいいのか、オムツはしたほうがいいのか…介護の知識が何もなく、試行錯誤の介護で悪戦苦闘を続けた末、5年後に祖父は死去。この経験を経て、介護の知識を持っているほうが将来役立つのではないかと思うようになりました。

認知症の方々との触れ合いから感じたこと

 そして子育てが一段落して、何か仕事をしようと思ったときに、介護の仕事しようと自然に思いました。
 39歳のとき、家から通いやすい場所にある現在の職場「立正たちばなホーム」に就職しました。
 私自身は、現場でご高齢の方々と接するのがとても楽しみです。そういう方たちが、少しでもご自宅にいるのと同様の、くつろいだ、楽しい気持ちで過ごしてもらえるように接したいといつも思っています。
 認知症がかなり進んでいて、会話がほとんどできないばかりか、普段も自分から言葉を発するようなことがない方もいらっしゃいました。4月のある日、施設の隣の立正大学に満開の桜が咲いたので、施設の皆さんを連れて花見に行きました。すると、目の前に広がる桜並木を見た瞬間、その方が「わー、きれいだ」とはっきりおっしゃったのです。
 健常者とまったく変わらない感動の言葉を思わずもらされたのを聞いたとき、心底から花見にお連れしてよかったと思いました。

自力で立てた!歩けた!運動習慣の大切さを痛感

 私はリハビリも担当しています。週2回、理学療法士の先生の指示のもと、簡単な体操や運動を皆さんにやってもらいます。運動の内容は、例えば起立訓練。これは、平行棒につかまって、座った状態から自分の力で立ち上がる訓練です。これは、筋力が衰えている方が、自分でトイレに行けたり、自宅で動き回ったりできるようになるための訓練です。
 回復のペースや程度は人それぞれですが、運動を続けると、やがて自力で動けるようになっていくのです。
 そんな光景を目の当たりにすると、ご本人はもちろん、私たちスタッフも歓喜・感動します。と同時に、あらためて「運動」がもつ力を実感させられます。

※『けんいち』本誌には、獅子井さんの興味深いお話がほかにもたくさん載っています。また、誌面では、獅子井さんが立正たちばなホームで利用者の方たちに指導している「健康棒&健康ボール体操」も紹介しています。獅子井さん自身も自宅で日課にしているそうです。車イスの方でもできる、座ったまま行える体操です。筋力の維持・強化に役立ちます。詳しくは発売中の『けんいち』Vol.20をご覧ください。

画像: 写真=BBM

写真=BBM

<獅子井さんの記事が掲載されている雑誌の概要&問い合わせ>
■雑誌名:『健康生活マガジン「健康一番」けんいち』Vol.20
■特集:「頸椎症・首こり・肩の痛み」
■116ページ
■定価:本体824円+税
■発行:株式会社ベースボール・マガジン社
■発売日:2019年4月23日、全国の書店で発売。お近くの書店でお求めになるか、ベースボール・マガジン社・受注センターにご注文ください。ベースボール・マガジン社・受注センター☎0120‐911‐410(月~金曜10時~12時、13時~16時。祝祭日は除く)。ベースボール・マガジン社のホームページ(http://www.sportsclick.jp/bookcart/)からもお求めいただけます。

画像: 自力で立てた!歩けた!運動習慣の大切さを痛感

This article is a sponsored article by
''.