東邦高・石川昂弥の打撃フォーム。今春のセンバツでは富岡西(徳島)との1回戦、3回一死一、三塁の場面でインコース寄り高めの変化球をとらえて、先制の中犠飛とした。

センター方向への飛距離生む
理想的なインサイドアウト

写真/ベースボール・クリニック

 今春のセンバツでは決勝の習志野(千葉)戦で放った2本塁打を含む計3本塁打と長打力をアピール。習志野戦での2本は変化球をセンター右寄りに運んだものだった。

 センター方向に飛距離を伸ばせる要因について指導する森田泰弘監督は「グリップが体から離れないでバットを引き出すことができる」ことを挙げる。「センター方向に飛距離を出せるということは、ミートポイントの広さにもつながる」とメリットは大きい。

「割れの形に力強さを感じさせ、変化球を打ったこの打席でも上体が前に出るというよりも、詰まり気味にとらえている」

 外野フライで十分なケースに応じた打ち方をしていることも評価した。

石川昂弥(いしかわ・たかや)
愛知県・半田市立亀崎中出身(愛知知多ボーイズ)
185cm81kg/右投右打

This article is a sponsored article by
''.