全国4会場で行われるシーズントライアル2019スプリングシリーズ。B会場・シチズンボウル(東京都新宿区)で20日に行われた同大会は、江頭善文(31期)が優勝しました。
 江頭は予選8G・準決勝4Gのトータル12Gをトップシードで決勝シュートアウトに進出。優勝決定戦では4位進出から勝ち上がってきた斉藤琢也(48期)を233―204で下し、15ウィンターシリーズ以来のシーズントライアル3勝目を挙げました。

同大会には前週にライセンスを獲得したばかりの新人8人がデビュー。畠山正寛(58期)が3位と大健闘、初賞金を獲得しました。
 7日に行われたC会場・アソビックスびさい(愛知県一宮市)は木村広人(42期)が優勝(同3勝目)。A会場・新狭山グランドボウル(埼玉県狭山市)は21日、D会場・上賀茂ボウル(京都市北区)は23日に行われます。

画像: 江頭善文(左)らB会場の上位5選手 写真:BBM

江頭善文(左)らB会場の上位5選手 写真:BBM

This article is a sponsored article by
''.