アメリカンフットボールの「Xリーグ」は5月19日、東日本社会人選手権「パールボウル」トーナメントの1次リーグ戦2試合があり、第2試合では、オービックシーガルズがアサヒビールシルバースターを破った。オービックは2勝でBブロック1位となり、6月2日の準決勝で、Aブロック1位の富士通フロンティアーズと対戦する。敗れたアサヒビールは1勝1敗となり、6月1日の東日本交流戦で東京ガスクリエイターズと対戦する。

画像: 【オービック vs シルバースター】第2クオーター、47ヤードのロングゲインでエンドゾーンに迫ったオービックRB李卓=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第2クオーター、47ヤードのロングゲインでエンドゾーンに迫ったオービックRB李卓=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

オービックシーガルズ○40-3●アサヒビールシルバースター(2019年5月19日、富士通スタジアム川崎)

 後半にかけて尻上がりに調子を上げたオービックが、シルバースターに大差をつけた。シルバースターは試合開始のキックオフでオンサイドキックを成功させ攻撃権を奪い、K梅垣光理のフィールドゴール(FG)で先制した。しかしオービックは、QB菅原俊がTE吉田武蔵にタッチダウン(TD)パスを決めて逆転。さらにK廣田祐のFG、RB李卓のTDランで14-3として後半へ。

画像: 【オービック vs シルバースター】第1クオーター、オービックQB菅原からのTDパスをキャッチしたTE吉田をWR西村が祝福する=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第1クオーター、オービックQB菅原からのTDパスをキャッチしたTE吉田をWR西村が祝福する=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

 オービックは第3クオーター6分にQB菅原がこの日2本目のTDパスをWR西村有斗に決めリードを広げた。さらに直後のシルバースターのオフェンスから、ディフェンスがセーフティーで2点を奪った。

画像: 【オービック vs シルバースター】第4クオーター、オービックDB山本がパスをインターセプト=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第4クオーター、オービックDB山本がパスをインターセプト=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

 オービックはこの後も攻守で2TDを奪って、勝利を決定的にした。
 シルバースターは、オフェンスのファーストダウンはオービックの14回を上回る17回。しかし、序盤でエースWRの林雄太が負傷退場。RB柳澤拓弥のランもマークされて封じられ、決定力を欠いた。

画像: 【オービック vs シルバースター】第2クオーター、シルバースターRB柳澤のランを、がっちり受け止めてゲインさせないオービックDL仲里=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第2クオーター、シルバースターRB柳澤のランを、がっちり受け止めてゲインさせないオービックDL仲里=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

強肩は成長中 33歳のQB菅原が見せた凄み

 オービックの先発QBは、4連覇時代の歴戦のベテラン菅原。最初のパスで腕を強く振りぬくと、ボールはぐんぐん伸びて、快足を飛ばすWR前田眞郷の胸に収まった。50ヤードのロングパスで、一気に攻め込んだオービック。3プレー後、菅原はエンドゾーンのTE吉田に23ヤードの弾丸パスをヒットした。鮮やかな先制TDドライブだった。

画像: 【オービック vs シルバースター】第1クオーター、オービックQB菅原からのロングパスをキャッチし、50ヤードをゲインしたWR前田=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第1クオーター、オービックQB菅原からのロングパスをキャッチし、50ヤードをゲインしたWR前田=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

 菅原は第3クオーターにもWR西村にストライクのTDパス。スカイラー・ハワード、荒木裕一朗と1シリーズずつローテーションした限定的な使われ方の中で、パス6/9、128ヤード、2TDと水際立ったクオーターバッキングを見せた。特に目についたのはボールの勢いだ。吉田、西村へのTDはいずれもボールがしっかりコントロールされながら、跳ねていた。
 菅原は1月に33歳になった。古庄直樹ヘッドコーチ(HC)は「年齢は重ねているが、肩に関してはむしろ上がっている。ボールに重心を乗せられるようになっている」と見る。
 菅原は「スターターで、リズムを作って来いと言われていた。勝つことも大事だったが、皆が試合に出ることが重要だった。先発の人間が点を取って、いろいろな選手が出られるような余裕を持たせたかった」という。

画像: 【オービック vs シルバースター】QBとして今なお進化を続けるオービック菅原=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】QBとして今なお進化を続けるオービック菅原=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

 肩は「年々良くなっている。しかしそれ以上に、Xリーグのレベルが年々上がっている」という。
 かっては、レシーバーにボールを的確に落とすコントロールの良さと、ゲームメーキングの巧みなQBとして、リーグに君臨。史上唯一人、ライスボウル3年連続MVPも手にした。しかし米国人QBが主流となった今は、肩だけでなくQBとしても、まだまだ成長が必要という意識を強く持つ。
 「過去のことは過去のこと。4連覇している最中も、毎年メンバーは入れ替わって、毎年違うチームとして、一からスタートして戦っていた。今は、このチームで、このみんなと、本当に日本一になりたい」という。
 次戦は、宿敵・富士通。
 「本当に強い、リスペクトできる相手。我々も富士通に勝つためにやっている。春・秋は関係ない。今成長できなかったら、秋はもっと大きくなれない。貪欲に勝利を狙う」。
 横浜高校からキャリアをスタートさせたQB19年目の菅原の眼は、少年のように輝いていた。【写真/文:小座野容斉】

画像: 【オービック vs シルバースター】第3クオーター、パスを決めるオービック菅原=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第3クオーター、パスを決めるオービック菅原=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

画像: 【オービック vs シルバースター】第1クオーター、オービックのWR前田がアウトサイドスクリーンパスから25ヤードをゲイン=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第1クオーター、オービックのWR前田がアウトサイドスクリーンパスから25ヤードをゲイン=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

画像: 【オービック vs シルバースター】第2クオーター、シルバースターのスクリーンパスに反応してノーゲインに追い込むオービックLB小田原(48)とDB須田(39)=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs シルバースター】第2クオーター、シルバースターのスクリーンパスに反応してノーゲインに追い込むオービックLB小田原(48)とDB須田(39)=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

画像: 【オービック vs アサヒビール】元気よく応援を続けるオービックのチアリーダー=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

【オービック vs アサヒビール】元気よく応援を続けるオービックのチアリーダー=2019年5月19日 撮影 小座野容斉

This article is a sponsored article by
''.