10月13日(日)、オーストラリアの3大マラソンの1つ、メルボルンマラソンが開催される。全豪オープンテニス、オーストラリアF1グランプリなど、世界的なスポーツイベントが開催されるオーストラリア第2の都市の爽やかな春の日差しの中を走りませんか。6月30日まで料金がお安い「アーリーバード料金」が設定されている。
構成/ランニングマガジン・クリール編集部 協力/ビクトリア州政府観光局

メルボルンのランドマーク、フリンダース・ストリート駅。マラソンのコースは、この歴史ある駅舎の前を2回通る 写真:ビクトリア州政府観光局

テニス、F1、オリンピック…
スポーツ施設を走るコース

 スタート地点は全豪オープンテニスが開催されるメルボルンパークの南側。右手には数々のテニスの名勝負が繰り広げられたロッド・レーバーアリーナ、マーガレット・コートアリーナが並ぶ。テニスファンはぜひ一度、訪れたい場所だ。

画像: スタート地点。後方が全豪オープンテニスのセンターコート、ロッド・レーバーアリーナ 写真:IMG EVENT

スタート地点。後方が全豪オープンテニスのセンターコート、ロッド・レーバーアリーナ 写真:IMG EVENT

画像: 右の円形の競技場がフィニッシュ地点のメルボルン・クリケット・グラウンド(MCG)。左側が全豪オープンテニスの会場のメルボルン・パーク 写真:ビクトリア州政府観光局

右の円形の競技場がフィニッシュ地点のメルボルン・クリケット・グラウンド(MCG)。左側が全豪オープンテニスの会場のメルボルン・パーク 写真:ビクトリア州政府観光局

 コース上には、F1のオーストラリア・グランプリが開催されるアルバートパーク・サーキットがあり、F1マシンが疾走するコースは、ピットの目の前を走ることができる。

 中盤はポートフィリップ湾を眺めながらシーサイド折り返す。メルボルンのランドマーク、フリンダースストリート駅をかすめて、1956年のメルボルン五輪のメイン会場となったオセアニア最大のスタジアム(収容人数は10万人!)、メルボルン・クリケット・グラウンドにフィニッシュする。

画像: 数々の国際スポーツイベントが開催されたメルボルン・クリケット・グラウンド。10万人収容のスタジアムは圧巻 写真:ビクトリア州政府観光局

数々の国際スポーツイベントが開催されたメルボルン・クリケット・グラウンド。10万人収容のスタジアムは圧巻 写真:ビクトリア州政府観光局

画像: MCGのグラウンドを走るということは、オージーにとっては非常に特別なこと 写真:IMG EVENT

MCGのグラウンドを走るということは、オージーにとっては非常に特別なこと 写真:IMG EVENT

 スポーツ好きにはたまらない設計のコースは、見どころ満載の上に、超フラットな高速コースだ。

 メルボルンマラソンは、1978年にスタートしたオーストラリア国内で最も歴史のあるマラソン大会。7月のゴールドコースト、9月のシドニーと並ぶオーストラリア3大マラソンの一つに数えられる。

画像: F1サーキットやセントギルダの海岸線など、フラットなコースにも関わらず、変化に富んでいる 写真:IMG EVENT

F1サーキットやセントギルダの海岸線など、フラットなコースにも関わらず、変化に富んでいる 写真:IMG EVENT

 10月のメルボルンは、春から初夏に向かう過ごしやすい季節。ビクトリア王朝時代の歴史的な建物と現代建築が調和した街並みを駆ける大会には、毎年、国内外から35,000人以上のランナーが参加している。

 今年は、日本の3連休の中日(体育の日の前日)に開催される。金曜日の深夜便で出発して、月曜日の昼便か火曜日の早朝に日本着の深夜便なら、会社を休まずに歴史ある大会を走ることができる。

 メルボルンと日本との時差はわずかに2時間。海外レースでの課題となる時差ボケもなく、日本からのランナーは、コンディションづくりが容易なうえ、コースはフラットなので自己ベストも十分に狙えるはずだ。

画像: 緑豊かなメルボルンはガーデンシティと呼ばれる。会場近くの王立植物園 写真:ビクトリア州政府観光局

緑豊かなメルボルンはガーデンシティと呼ばれる。会場近くの王立植物園 写真:ビクトリア州政府観光局

This article is a sponsored article by
''.