[AD] 10/13 世界遺産の街のマラソン
ブルガリアの首都ソフィアを駆ける

 1年に1回は、海外のマラソンを走りたい。そう思っているランナーは多いはず。そんな人にオススメの大会が10月13日(日)に、ブルガリアの首都・ソフィアで開催される。前回までは一般財団法人日本ブルガリア交流協会が日本の窓口になっていたが、今回からは日本事務局もできたので、エントリー情報、ツアー情報がより充実している。
写真提供/ソフィアマラソン日本事務局

今回から日本事務局が開設

 ブルガリアと言えば、ヨーグルト? 琴欧洲? 普通の日本人が思い浮かべるブルガリアと言えば、乳製製品と元大関ではないだろうか。では、首都は? と聞かれて、「ソフィア」とすぐに答えられる人はそう多くないだろう。

 そんなブルガリアの首都で、毎年10月第2週の日曜日に国際陸連が公認するマラソン大会が開催されている。感度の高いランナーの間では、毎年、少しずつ知名度が上がっている。そして今年、日本事務局ができて、より参加しやすくなった。6月30日と7月6日には、参加無料の説明会が開催される。

画像: Маршрут на трасето за дистанцията 10 км. www.facebook.com

Tрасе за дистанцията 10 км.

Wizz Air Sofia Marathonさんの投稿 2019年6月6日木曜日

Маршрут на трасето за дистанцията 10 км.

www.facebook.com

 フルマラソンとハーフマラソンは、国際陸連(IAAF)と国際マラソン・ディスタンスレース協会(AIMS)の公認コース。街の中心をスタートして、東に向かって走り、空港の近くで折り返す。スタート地点に戻ってきてちょうどハーフの距離になる。フルマラソンは、同じコースを2周する。

 ソフィアは、紀元前7世紀ごろから発達した都市で、市内には世界遺産のボヤナ教会、ブルガリア正教会のアレクサンドル ネフスキー大聖堂をはじめ、歴史的な建造物が林立する。コースは、その間を縫うように走る。カメラを携えて走りたいが、制限時間が5時間30分なので注意しよう。

画像: 今回から日本事務局が開設

ソフィアマラソン2019

【開催日】 
 2019年10月13日(日)
【開催地】
 ブルガリア共和国ソフィア市(首都)
【募集期間】
 2019年3月1日〜8月12日
【種目】
 フルマラソン ※制限時間は5時間30分
 ハーフマラソン
 10.5km
 3.0km
【参加費】
 フルマラソン 5,000円
 ハーフマラソン 4,300円
 10.5km 3,500円
 ※参加者全員にTシャツ、マラソンバッグ、参加メダル

ソフィアマラソン日本事務局公式HP

2019ソフィアマラソン説明会
 日本からの参加者を対象にした説明会を開催します。参加を検討しているランナーの皆さんはぜひご参加ください。説明会では、2年前のソフィアマラソンに出場したアトランタ五輪競歩日本代表の園原健弘コーディネーターによるコース説明やブルガリア大使館の職員によるソフィア観光案内などを行います。

6月30日に予定されていた第1回説明会は諸般の事情により中止となりました。

【日時】
 7月6日(土)13:00〜14:30
【会場】
 在日本ブルガリア共和国大使館(特別協力)
 東京都渋谷区代々木5-36-3
 小田急線代々木八幡駅下車徒歩5分

【応募方法】
 以下の項目を明記して、日本事務局までEメールでお申し込みください。いずれの回も事前の申し込みが必要です。
【Eメールアドレス】
 info@japan-bulgaria-foundation.or.jp
【項目】
 氏名
 年齢
 性別
 連絡先

This article is a sponsored article by
''.