8月6日から熱戦を繰り広げてきた第101回全国高校野球選手権大会は、22日の決勝戦で幕を閉じた。

※写真上=決勝戦で奥川投手から3ランホームランを放った井上選手(中央)を中心に歓喜に沸く履正社ナイン。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

令和時代最初の高校野球の王者は大阪府代表履正社高校。超高校級奥川投手擁する石川県代表星稜高校に終盤追いつかれるもその奥川投手を攻略し、頂点を極めた。

昨年の大阪桐蔭高校に続き大阪勢が2連覇。新しい令和時代に突入し、投手の起用法など以前とは少し変化が見られた甲子園大会、今後も少しづつ変化していくのでしょう。

しかし、選手達の精一杯のプレーは今後も変わることはないでしょう。

画像: ※写真上=閉会式で号泣する星稜奥川投手(中央)。決勝戦はさすがに疲れが見え、150km/h超えはそんなに多くなかったが最後まで投げきった。次は韓国でのU18ワールドカップでの活躍を期待。今秋のドラフトでは何球団から1位指名があるのか、それも楽しみです。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=閉会式で号泣する星稜奥川投手(中央)。決勝戦はさすがに疲れが見え、150km/h超えはそんなに多くなかったが最後まで投げきった。次は韓国でのU18ワールドカップでの活躍を期待。今秋のドラフトでは何球団から1位指名があるのか、それも楽しみです。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

This article is a sponsored article by
''.