2019年 3月12日発売
BBM1140099
B5判並製・144頁
定価 本体 1,800円+税
ISBN:978-4-583-11157-5 C2075

ご購入はこちら

Contents

「キック」を理解し、攻撃のバリエーションを拡げるために。
キック戦術を多角的(マルチアングル)な3D図解で徹底解説!

東海大学付属仰星高校を花園常連の強豪校へと育て上げ、現在、東海大学付属相模高等学校・中等部ラグビー部総監督を務める著者が、現代ラグビーの重要なテーマのひとつである「キック」を取り上げ、数々の戦術をマルチアングルな3D図解で徹底解説。初級者から上級者まで、読めば必ず発見がある、プレーヤー、コーチ必携の一冊だ。

【目次】
はじめに
用語集
第1章 概論 キックの目的 ~なぜキックを蹴るのか~
第2章 実践編①陣地を進めるキック戦術 ~陣地挽回のためのキックの使い方~
第3章 実践編②相手防御を揺さぶるキック戦術 ~キックでスペースを攻略する。キックで相手を動かす~
第4章 実践編③ハイパント戦術 ~前進しつつも再獲得も狙えるキックを効果的に活用する~
第5章 実践編④カウンターアタック ~本当に効果的なカウンターアタックの仕掛け方とは~ 
おわりに

【著者紹介】
土井 崇司 (どい・たかし)
1959年生まれ。大阪府出身。東海大学を卒業後、1984年に当時創立2年目の東海大学付属仰星高校に赴任。同校ラグビー部を、全国高校大会(花園)に92年の初出場を皮切りに14回出場の強豪へと育て上げる。監督として99年度の79回大会、2006年度の86回大会で優勝、総監督として13年度の93回大会で優勝。14年より東海大学ラグビー部のテクニカルアドバイザー、16年より東海大学付属高等学校の学園ラグビーコーディネーターを務め、17年より、東海大学付属相模高等学校・中等部に赴任し、ラグビー部総監督となる。

ご購入はこちら

【Amazon】

【BOOK CART】

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.