2019年 3月 4日発売
BBM1140100
四六判並製・192頁
定価 本体 1,600円+税
ISBN:978-4-583-11209-1 C2075

ご購入はこちら

Contents

どうすれば世界に通用するラグビー選手になれるのか。ラグビーの原理原則とは?
「世界王者」を生み出したラグビー王国のメソッドを徹底解説
ニュージーランドのラグビーを学ぶため、高校卒業後に単身留学。
以降の25年にわたり、ラグビー王国と呼ばれる地で、選手としてコーチとして、楕円球を追い続けた-そんな著者だからこそ語れるニュージーランドラグビーの強さの真髄を、徹底的に深掘りした一冊。

【目次】
はじめに
第1章 ニュージーランドラグビーはなぜ強いのか?
第2章 ニュージーランドでの経験から築き上げたコーチング術
第3章 王国のラグビー文化とそれを支える環境
第4章 メンタルにこそ強さの本当の理由がある
おわりに

【著者紹介】
竹内 克 (たけうち・かつ)
1973年、三重県生まれ。県立松阪高校でラグビーと出会い、高校卒業後の92年に単身でニュージーランドへ。ウェリントン州のNorths RFCで約10年プレー。その間にU21代表ウェリントン州クラブ選手権で準優勝したほか、年間優秀選手賞に2回選出された。99年、New Zealand Institute of Sport(NZIS)に正式採用され、ラグビープログラムの運営とマーケティングを担当。08年にNZISラグビーアカデミーのディレクターに就任し、コーチとして本格始動し、11年にはWest Roosters RFC年間最優秀コーチ賞を受賞。ニュージーランド国内のチーム、州代表のコーチなどを歴任。09年からは、日本の高校、大学、社会人チームでスポットコーチを務め、日本代表、U20日本代表、U18日本代表、ジュニアジャパンも指導した。17年にニュージーランド州対抗戦(ハートランドチャンピオンシップ)で歴代最高成績となる準優勝へとホロフェヌア・カピティ州代表を導いた後、18年に日本のNTTドコモレッドハリケーンズにアシスタントコーチとして加入し、現在に至る。

ご購入はこちら

【Amazon】

【BOOK CART】

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.