2018年 1月26日発売
BBM1390041
四六判並製・192頁
定価 本体 1,400円+税
ISBN:978-4-583-11116-2 C2075

ご購入はこちら

Contents

ボディビル界のレジェンド・合戸孝二、初の自著。
ボディビル界の異端児、かくありき。左目の失明、過剰な筋発達による神経障害。
それでもなお、肉体の限界に挑み続けるのはなぜ?
ボディビルに人生を懸けた男の半生記。常識を捨ててこそ、勝利がある!

【CONTENTS】
アルバム/ヒストリー編
<第一章>
≪“狂気の男”の生き様―半生記編―≫
01 ブルース・リーに憧れて――
02 歓喜の初優勝と“サバ味噌”に負けた夏
03 ひと回り年下の女神
04 自分の城を作り、決意の再出発
05 筋量は年平均3kg増、鬼のダブルスプリット
06 ボディビルか健康か、究極の決断に悔いなし
07 7年目の結実と審査基準に対する葛藤
08 狂気の男を支える数々のアイテム
09 トレーニングはつらくない、でも、楽しくもない
10 望みは“一生ボディビルダー”
11 180Kgが60Kgに思わぬケガと不屈のカムバック
12 オリンピア・アマチュア香港大会
主なボディビル戦績一覧
アルバム/トレーニング編
<第二章>
≪“狂気の男”の作り方―トレーニング解剖編―≫
01 たどり着いた「筋肥大超特化型」
02 補助者がいるという安心感が高重量へと駆り立てる
03 トレーニング大解剖1胸&上腕二頭筋
04 トレーニング大解剖2背中
05 トレーニング大解剖3脚
06 トレーニング大解剖4肩
07 腹筋500回は休日に
08 食の細さを助けるサプリメント
妻・真理子の証言
スペシャル鼎談、柔道界とボディビル界の懸け橋
井上康生 × 合戸孝二 × 岡田隆
あとがき

【著者プロフィール】
合戸孝二●ごうど・こうじ
1961年4月1日、静岡県生まれ。身長164cm、体重(オン)70kg、(オ フ)84kg
トレーニング歴36年、ボディビル歴30年。50歳を過ぎてもなお、戦い続けるボディビル界の鉄人。現在も日本トップクラスでしのぎを削っている。バルクで海外の選手と渡り合ってきた数少ない日本人ビルダー。主な戦績に2005、07~09年日本選手権優勝、11年アジア選手権(70kg以下級)優勝など。選手として活動する傍ら、静岡県ボディビル・フィットネス連盟理事長、日本ボディビル・フィットネス連盟選手強化委員会委員、JOC強化スタッフも務める。

ご購入はこちら

【Amazon】

【BOOK CART】

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.