2017年 1月18日発売
BBM1640051
定価 本体2,800円+税

ご購入はこちら

Contents

学校図書館、公共図書館におススメ!
体の器官とスポーツ・運動との
関係をわかりやすく解説
人間の体を考える児童書です

このシリーズでは、運動やスポーツをするときに大きな役割を果たしていながら、たぶんあまり意識されていない体の器官(脳・歯・目)について紹介します。文章はルビ入りで、主に小学生から中学生までが勉強できる内容です。
第1弾は「脳」、第2弾「歯」、第3弾「目」の3テーマでお届けります。

【CONTENTS】
Part[1]脳のはたらき
・脳は体の司令塔!
・手と足、動かしやすいのはどっち?
・もっと知りたい脳と利き手の関係は?
・かつて、ナゾに包まれていた脳
・解き明かされた脳のひみつ
Part[2]脳とスポーツ
・スポーツをしているときの脳は?
・考えてみよう!こんなときどこが働く?
・スポーツは脳の働きを向上させる!
・運動すると、脳では何が起こる?
・運動しなくても運動したのと同じ⁉
・脳を鍛えるとスポーツが上達する?
Part[3]脳を鍛える
・脳の成長に必要なこと
・睡眠と朝食で、こんなに違う!
・脳を鍛えるために

【プロフィール】
川島隆太(かわしま・りゅうた)
1959年千葉県出身。医学博士。東北大学医学部卒、同大学院医学研究科修了。スウェーデン・カロリンスカ研究所研究員などを経て、現在は東北学加齢医学研究所所長。専門は脳機能イメージング研究。ニンテンドーDS『脳を鍛える大人のDSトレーニング』の監修者としても知られている。


A4変判 上製・32頁 定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-583-11007-3 C8375

ご購入はこちら

【Amazon】

【BOOK CART】

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.