2019年 7月10日発売
BBM1010096
四六判並製・208頁
定価 本体 1,500円+税
ISBN:978-4-583-11227-5 C0075

ご購入はこちら

Contents

名将に学ぶ育成術と人生の教訓
指導の原点、直筆ノート初公開
1970,80,90,2000年代のすべてで、横浜高校を甲子園制覇(春3回、夏2回)へ導き、監督通算51勝を挙げた渡辺元智氏の、時代に合わせた球児を伸ばすための指導法。長年にわたり書き続けたメモの内容から、育成の極意、生きるヒントを紹介する。高校野球ファン、指導者、親、ビジネスマンに届けたい、名将の金言。

【目次】
はじめに
第1章 基本の教え - すべては会話から始まる
第2章 失敗に気づくまで - わが前半生
第3章 失敗、挫折から学んだこと
第4章 人を伸ばす、力を引き出す育成法
     - 主将になって成長した愛甲猛
     - 偉業の前、松坂大輔の「氷事件」
     - 松坂大輔の制球と自信はボール当てで磨かれた
     - 涌井秀章に送った一通のメール
     - 寡黙な筒香嘉智に伝えたこと、伝えなかったこと
     - 孫の渡辺佳明がプロ入りできた理由
     -佐々木朗希の163キロを引き出したもの  ほか
第5章 指導者の哲学
メモの実際
終わりに
渡辺元智 甲子園 監督成績

【著者紹介】
渡辺元智(わたなべ・もとのり)
1944年11月3日生まれ。神奈川県出身。横浜高では外野手。
神奈川大進学も、故障で野球を断念して中退。65年に横浜高のコーチに就任し68年から監督。76年には、関東学院大に入学し教員免許を取得後、社会科教諭として教壇に立つ。甲子園には73年春に初出場初優勝、夏は80年に初優勝を飾った。98年には春夏連覇で神宮大会、国体を含めて4冠、公式戦44連勝を果たした。2006年春のセンバツも制し、70年代から2000年代まで全年代で優勝を経験。甲子園は春夏通じて27回出場し、歴代4位タイの通算51勝(22敗)を挙げた(2019年センバツ終了時点)。15年夏限りで勇退。終身名誉監督を経て、現在は国際大会対策プロジェクトメンバーとして高校日本代表の強化に尽力している。「投手の障害予防に関する有識者会議」のメンバーの一員でもある。

ご購入はこちら

【Amazon】

【BOOK CART】

おすすめ商品

This article is a sponsored article by
''.