2020年 2月28日発売
BBM1300088
A5判並製・256頁
定価 本体 1,800円+税
ISBN:978-4-583-11261-9 C0075

Contents

サブ4ランナーにも、60歳の熟年にも、16歳の少女にも、リディアード・トレーニング法は、同じ様に効果を発揮する。

IAAF(国際陸上競技連盟)認定“国際アスリーツ・レジェンド”アーサー・リディアードによるマラソンのためのトレーニング理論。

すべてのマラソン・トレーニングの根底にあるといっても過言ではないリディアード式トレーニング法を、25年にわたってリディアードに師事した著者が解説。生理学的な理論に基づいて組み立てられ、トップアスリートからビギナーまであらゆるレベルのランナーに効果的な練習法をひもとく。

【CONTENTS】
【リディアード・トレーニングの概要】
第1章・・・リディアード神話の始まり
第2章・・・温故知新
第3章・・・トレーニングの基本
第4章・・・最初の第一歩
第5章・・・3つの要素 – 生理学的説明
第6章・・・「リディアードのピラミッド」の科学的裏付け

【リディアード・トレーニングの具体的な手順】
第7章・・・有酸素能力発達の走り込み
第8章・・・サナギからチョウへの脱皮
第9章・・・いよいよレースに向けての準備
第10章・・・本番を見据えてのバランス・アクト
第11章・・・トレーニングはもう終了、あとは超回復に任せて

【リディアード・トレーニングに関する補足とまとめ】
第12章・・・長い目で見た個人の発達:長期計画
第13章・・・トレーニングが出来なかったら…
第14章・・・ランナーにとって最も重要な道具
第15章・・・リディアードの現在とこれから
リディアード語録

【著者プロフィール】
橋爪伸也(はしづめ・のぶや)
三重県津市出身。1980年からアーサー・リディアードに師事。日立陸上部の初代コーチを経て、バルセロナ五輪銅メダリストのロレイン・モラーと「リディアード・ファウンデーション」を設立。2004年以降はリディアード式のトレーニングの普及に努めている。アメリカ・ミネソタ州在住。

アーサー・リディアード
1917年ニュージーランド生まれ。2004年12月にアメリカでのランニングクリニック中に急逝。1950年代中頃、「リディアード方式」と呼ばれる独自のトレーニング方法を確立した。
心臓病のリハビリに走ることを導入した、ジョギングの生みの親でもある。

ご購入はこちら


This article is a sponsored article by
''.