2020年 7月10日発売
BBM1010100
四六判並製・280頁
定価 本体 1,500円+税
ISBN:978-4-583-11275-6 C0075

Contents

チームへのあふれる愛を原動力に名門再建を果たした、龍谷大平安高監督・原田英彦の、奇跡を起こす組織づくりと人の育て方。

低迷期に監督に就任してから27年。幾度の悔しさを乗り越え、甲子園に春夏合計18度出場、優勝1回、準優勝1回と、母校を復活させた名将・原田英彦。身の回りの物をすべて「H」のマークで固めるほど、自他ともに認める「日本一の平安ファン」の、チームづくりのコツと工夫を、スポーツジャーナリスト田尻賢誉が、75のセオリーとしてまとめた。あふれる愛で勝ちを引き寄せる法則を伝える。

【目次】
プロローグ
セオリー1 おっさんとケンカする

第1章 チームを束ねる
セオリー2 選手にあだ名をつける
セオリー3 小柄な選手を起用する
セオリー4 1学年30人で競争心をあおる
セオリー5 キャプテンは経験者かつ嫌われ役ができる子を選ぶ
セオリー6 名門校めぐりをする
セオリー7 寝坊した選手は使わない
セオリー8 甲子園の宿舎では携帯電話・スマートフォン禁止
セオリー9 試合には彼女を呼んでOK
セオリー10 「補欠の溜まり場」という貼り紙をする
セオリー11 親の誕生日を知らない子は獲らない
セオリー12 メンバーを外れた3年生にあえて厳しい言葉をかける
セオリー13 守りのチームをつくる
セオリー14 ファインプレーに見せない守備をする
セオリー15 やんちゃな子を2人入れる
セオリー16 やんちゃな選手をうまく使う

第2章 心技体の練習法
セオリー17 ウォーミングアップに1時間かける
セオリー18 水泳で肩と心肺機能を鍛える
セオリー19 キャッチボールができない選手にはバッティングをさせない
セオリー20 ゴロは2つ前のバウンドを狙って捕る
セオリー21 網なしグラブで守備を鍛える
セオリー22 バッテリーの守備を鍛える
セオリー23 捕手のけん制能力を鍛える
セオリー24 ボール、マウンドを変えて投球練習する
セオリー25 スイングをする場所で普段から素振りをしているかどうか見分ける
セオリー26 走って精神面を鍛える
セオリー27 クリーニングで切り替える
セオリー28 極端なことをやらせる
セオリー29 三塁コーチャーを専門職にして鍛える

第3章 選手育成術
セオリー30 スコアブックを読み書きできるようにする
セオリー31 役割を明確にし、あらゆる準備をさせる
セオリー32 過度なウエートトレーニングはやらない
セオリー33 左投手を育成する
セオリー34 けん制球を武器にして左ピッチャーの優位性を出す
セオリー35 歴代の先輩のプレーを見せて勉強させる
セオリー36 攻守交代時は常に全力疾走する

第4章 準備と作戦
セオリー37 京都の学校とは練習試合をしない
セオリー38 春から夏のためのエサをまく
セオリー39 計画は崩さない
セオリー40 サードは深めに守る
セオリー41 バントは1球で決める
セオリー42 第1試合は朝4時起きで調整する
セオリー43 一歩目からトップスピードに入れる選手を一番に置く
セオリー44 打てる捕手でも打撃重視にしない
セオリー45 試合前にバッティング練習はしない
セオリー46 相手ブルペンをチェックする
セオリー47 内野手全員で相手監督のサインを見る
セオリー48 スクイズは高めに大きく外す
セオリー49 ベンチの選手に係を与える
セオリー50 声の出ない選手は使わない
セオリー51 相手分析に3時間かける
セオリー52 情報を利用する
セオリー53 センターがあえて動くのを見せる
セオリー54 思い切ったバントシフトをする
セオリー55 守備力のない選手はファーストで起用しない
セオリー56 初回の攻防で主導権を握る 

第5章 リーダーの務め
セオリー57 ユニフォームにとことんこだわる
セオリー58 ユニフォームの取り扱いにとことんこだわる
セオリー59 応援にこだわる
セオリー60 OBのおっかけをする
セオリー61 あえてカチンと来るような言葉をかける
セオリー62 自らキャプテンになって引っ張る
セオリー63 血液型、兄弟型を調べる
セオリー64 抜き打ちで寮をチェックする
セオリー65 花で息抜きをする
セオリー66 本物に接する
セオリー67 甲子園解説で裏側を見る
セオリー68 試合中はアメをなめる
セオリー69 選手にあやまる
セオリー70 室内練習場でフリー打撃はしない
セオリー71 営業経験から学ぶ
セオリー72 選手は子ども、厳しいオヤジでいる
セオリー73 進学する厳しさを教える
セオリー74 残すべき伝統は守る

エピローグ
セオリー75 日本一の平安ファンであり続ける

原田英彦 監督成績
原田英彦 略歴

【著者紹介】
田尻賢誉 (たじり・まさたか)
スポーツジャーナリスト。1975年12月31日、神戸市生まれ。学習院大卒業後、ラジオ局勤務を経てスポーツジャーナリストに。高校野球の徹底した現場取材に定評がある。『智辯和歌山・髙嶋仁のセオリー』、『日大三高・小倉全由のセオリー』(小社刊)ほか著書多数。講演活動も行っている。「甲子園に近づくメルマガ」を好評発売中。

ご購入はこちら

おすすめ


This article is a sponsored article by
''.