2020年 7月10日発売
BBM1040246
A5判並製・144頁
定価 本体 1,800円+税
ISBN:978-4-583-11282-4 C2075

Contents

雑誌「ベースボール・クリニック」の好評連載をオールカラー化し、あらたな内容を加え、書籍化!

【目次】
Chapter1 考察!故障リスクの少ない野球選手の体づくり
■股関節・肩甲骨機能性向上とバランスの是正が故障予防のカギ
Chapter2 梨状筋~股関節のキーとなるインナーマッスル~
■硬くなると股関節の動きは悪くなり、下半身と上半身の連動性も損なわれる
Chapter3 肩甲骨周りと肩関節~柔軟性の確保とベーシックな鍛え方~
■体幹をうまく使い、腕をしなやかに振るためにも柔らかく保っておくことが大事
■上半身のトレーニングの考え方
Chapter4 体幹~しなやかな動作を生み出す支点をつくる~
■スポーツにおける「体幹」の重要性。お腹を固めて強い身体動作を!
Chapter5 肩~コンディショニングとトレーニングの考え方~
■首や肩回りのコンディショニングは指先にも影響を与える
■肩のトレーニングの考え方
Chapter6 下肢~身体動作のベースとなる“器”をつくる~
■下半身強化の代表種目。動作タイプ別スクワット攻略法。
■野球選手に適していると考えられる下半身のトレーニング種目2選
■ただ「鍛えるだけ」でいいのか。競技に生かすための注意点
Chapter7 上肢~上腕三頭筋、上腕二頭筋、前腕&指~
■体幹の力をボールに伝える上肢。腕はもちろん指のストレッチも重要。
■上腕三頭筋のトレーニングについて
■上腕二頭筋のトレーニング
■前腕&指のトレーニング
Chapter8 胸~胸部を形成している筋肉のコンディショニング~
■投手にとって扱いづらい胸の筋肉。まずは大胸筋、小胸筋の柔軟性の確保を
■胸郭のためのおすすめ種目。「プルオーバー」を取り入れよう
■胸郭の動きを最大限に引き出す。連動性を意識したエクササイズ
■競技者にとって“取扱注意”の種目。「ベンチプレス」とどう向き合うか
Chapter9 プライオメトリックス~体のバネを養うトレーニング~
■トレーニングで鍛えた筋肉を競技パフォーマンスに結びつける
■難易度のレベルを設定し段階的にレベルアップを
Chapter10 巻末特別企画~さらに上を目指すためのTips~
■投手に必要な「指力」を考える
■ウエイトトレーニングを「薬」にするために

おわりに

ご購入はこちら

おすすめ


This article is a sponsored article by
''.