2020年 8月 4日発売
BBM1120010
B5判並製・184頁
定価 本体 2,200円+税
ISBN:978-4-583-11297-8 C2075

【特設サイトをオープン!】
執筆、編集協力4氏が本書の読みどころや実戦での活用法を解説した刊行記念座談会を掲載。3Dグラフィック図を用いて各戦術のポイントや動きをわかりやすく解説した本書の内容を紹介しています。

Contents

オフェンスとディフェンスの様々な動きを3D図版で徹底解説。
現代バスケットボールで最も効果的なアクションであるピック&ロールを理解し思考を深める1冊。

『バスケットボール戦術学1』では、マンツーマンディフェンスに対する1on1の個人戦術から始め、オフェンス側が1on1で有利性をつくれない場合の方法としてオフボールスクリーンを紹介しました。続いて、この『バスケットボール戦術学2』では、オフェンス側が1on1で有利性をつくれない場合の方法としてオンボールスクリーンを紹介していきます。(Introductionより)

【目次】
Introduction
本書の使い方
バスケットボールと戦術
Chapter1 ピック&ロール
Chapter2 ハンドオフ
Chapter3 スクリーンプレーを組み合わせる
Conclusion
用語集
画像1: Contents
画像2: Contents
画像3: Contents
【著者紹介】
小谷究(こたに・きわむ)
流通経済大学スポーツ健康科学部スポーツコミュニケーション学科准教授。流通経済大学バスケットボール部ヘッドコーチ。1980年生まれ、石川県出身。2003年、日本体育大学体育学部体育学科卒業。日本体育大学大学院博士後期課程を経て博士(体育科学)。専門はバスケットボールの戦術研究。大学ではコーチング学の授業を担当。日本バスケットボール学会理事。日本バスケットボール殿堂『Japan Basketball Hall of Fame』事務局員。

前田浩行(まえだ・ひろゆき)
1980年生まれ、愛知県出身。秋田県立能代工業高校時代に、マネージャーとして田臥勇太(宇都宮ブレックス)らとともに「高校9冠」を達成。トヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)に所属したあと、ドイツ・ブンデスリーガの1部チームなどでコーチを務めた。2017年から男子日本代表テクニカルスタッフとして活躍中。

ご購入はこちら

おすすめ


This article is a sponsored article by
''.