国内のアメリカンフットボールは、ボウルゲームと入れ替え戦の季節となってきた。今週末の注目は、今年で5回目となった東西大学対抗戦 TOKYO BOWL(トーキョーボウル)だ。関東学生1部TOP8で2位の明治大学と、関西学生Div.1で3位の関西大学が対戦する。新興のボウルゲームだが、トーキョーボウルは15分クオーターで行われる。両校の選手にとって初体験となる。

関西学生リーグでは、Div.1と2の入れ替え戦2試合がある。龍谷大学と桃山学院大学、甲南大学と同志社大学が対戦する。

また、日本大学が、練習試合で神戸大学と対戦する。両校ともに、3年生以下の選手が出場する。

画像: 関西学生リーグDiv.1と2の入れ替え戦のうち、龍谷大と桃山学院大は昨年の再戦となった。写真は昨年のゲームから(撮影・佐藤誠)

関西学生リーグDiv.1と2の入れ替え戦のうち、龍谷大と桃山学院大は昨年の再戦となった。写真は昨年のゲームから(撮影・佐藤誠)

12月9日 (日)

■2018年度 東西大学対抗戦 第5回 TOKYO BOWL

富士通スタジアム川崎
13時30分 明治大学 vs 関西大学

■関西学生Div.1-2 入替戦

@西京極陸上競技場(京都市)
12時00分 龍谷大学(Div.1-7位) vs 桃山学院大学(Div.2-2位)
15時00分 甲南大学(Div.1-8位) vs 同志社大学(Div.2-1位)
■練習試合
@神戸エレコムグラウンド
10時00分 神戸大学 vs 日本大学

※試合の開催場所や開催時間は変更されることがあるようです。試合を主催する組織や参加校・チームに必ず確認をお取りください。


This article is a sponsored article by
''.