第32回アメリカンフットボール日本社会人選手権 ジャパン X ボウル XXXII は、12月17日(月)東京ドームに2万5457人の観衆を集めて行われた。17回のキャリーで196ヤードを獲得、3タッチダウンの活躍を見せたランニングバック(RB)トラショーン・ニクソンの活躍などで、富士通フロンティアーズが、35ー18で IBM BigBlueを下した。

上の写真=勝利が確定し、ゲータレードシャワーの祝福を受ける富士通の藤田智ヘッドコーチ 撮影:佐藤 誠 

 富士通フロンティアーズの優勝は3年連続4回目。来年1月3日に東京ドームで開催される日本選手権ライスボウルで、学生チャンピオンの関西学院大と対戦する。

ジャパン X ボウル XXXII
・MVP:富士通 RBトラショーン・ニクソン
・MIP:IBM K佐藤敏基

画像: 1Q、IBM のキッカー佐藤敏基が30ヤードの先制フィールドゴールを決める。佐藤は3本のFGを決めMIPに。 撮影:佐藤 誠

1Q、IBM のキッカー佐藤敏基が30ヤードの先制フィールドゴールを決める。佐藤は3本のFGを決めMIPに。 撮影:佐藤 誠

画像: 17回のキャリーで196ヤードを獲得し、3TDの活躍を見せた富士通のRBニクソンがこの試合のMVP。 撮影:佐藤 誠

17回のキャリーで196ヤードを獲得し、3TDの活躍を見せた富士通のRBニクソンがこの試合のMVP。 撮影:佐藤 誠

画像: 1Q、富士通QBマイケル・バードソンが12ヤードTDランで追加点を挙げる。 撮影:佐藤 誠

1Q、富士通QBマイケル・バードソンが12ヤードTDランで追加点を挙げる。 撮影:佐藤 誠

画像: ハーフタイムに DA PUMP がXリーグチアリーダーズと共演し、ドーム内を盛り上げた 撮影:佐藤 誠

ハーフタイムに DA PUMP がXリーグチアリーダーズと共演し、ドーム内を盛り上げた 撮影:佐藤 誠


This article is a sponsored article by
''.