アメリカンフットボールの春季交流戦、関西学院大学と法政大学の一戦が、4月27日(土)に兵庫県神戸市の王子スタジアムで行われた。両チームの今季初戦となった試合は、関学大が法政大を圧倒、42-0で完封勝利を収めた。
画像: 関学大RB#21三宅昂輝(3年)は、8回69ヤード2TDと活躍した(写真:北川直樹)

関学大RB#21三宅昂輝(3年)は、8回69ヤード2TDと活躍した(写真:北川直樹)

関西学院大学○42-0●法政大学@王子スタジアム:4月27日(土)

 学生王者の関学大が、法政大を完封した。関学大は第1クオーターからRB#21三宅のタッチダウン(TD)を皮切りに、#6渡邊、#26前田と、実績のあるランナーが好走。パスでも、QB#3奥野がWR#4鈴木や#81阿部に投げ分け、攻撃は485ヤードを荒稼ぎ。総合力を見せつけた。

 後半に入ると、昨年夏のU-19世界選手権で日本代表だった2年生のQB#18平尾渉太も登場。4回投げたパス全てを成功させ、1TDを挙げた。鳥内監督も「練習では全然アカンかったが、試合ではようやっとった」と、平尾を評価した。

 守備は昨年から実績のあるLB#51大竹や#44海崎、DB#10北川らを中心に法政大守備を無得点に抑えた。グラウンドの人工芝改装工事などもあり、スクリメージなど実戦練習は一週間しか積めなかった中で、学生王者の力を存分に見せつけた。

画像: 関学大は後半に入ると、控えQB#18平尾渉太(2年)を投入。得意のパスを決めタッチダウンも挙げた(写真:北川直樹)

関学大は後半に入ると、控えQB#18平尾渉太(2年)を投入。得意のパスを決めタッチダウンも挙げた(写真:北川直樹)

法政大のルーキー平井が奮闘

 法政大は、昨年QBとして攻撃を指揮した#1野辺(4年)、小田賀(2年=昨季#8)らが欠場。今春、千葉日大一高から入学した1年生の#4平井将貴が試合を通じて起用された。

 「(大学で)はじめての試合が関学ということもあり緊張したが、とにかく思い切りやろうと腹をくくってやった」と、堂々とパスを投げ込んだ。第4Q終盤には、WR#7糸川に連続してパスを決めゴール前まで迫ったが、TDは奪うことができずに無念のタイムアップとなった。

 平井は、小学6年生のときにジュニアシーガルズでフラッグフットボールを始め、中学入学後はタッチフットボールを3年プレーした。一番の武器は、の豊富な経験に裏付けされる、高い理解力とパスのスキルだ。チーム内でも、QBの経験値は図抜けている。「大学のスピードは高校までと全然違うので戸惑ったが、守備を正確にリードする自信はある。秋シーズンに向けてしっかり練習していきたい」と、さらなる成長を誓った。

画像: 法政大のルーキーQB#4平井将貴は、高い能力を発揮。攻撃の中核として成長が期待される(写真:北川直樹)

法政大のルーキーQB#4平井将貴は、高い能力を発揮。攻撃の中核として成長が期待される(写真:北川直樹)

画像: 関学で昨年エースを務め、年間最優秀選手賞を受賞した奥野耕世(3年)も活躍。パス16回投13回成功、154ヤード獲得(写真:北川直樹)

関学で昨年エースを務め、年間最優秀選手賞を受賞した奥野耕世(3年)も活躍。パス16回投13回成功、154ヤード獲得(写真:北川直樹)

画像: 関学大守備をまとめるLB#51大竹泰生は、力強いプレッシャーで法政大攻撃に圧力をかけた(写真:北川直樹)

関学大守備をまとめるLB#51大竹泰生は、力強いプレッシャーで法政大攻撃に圧力をかけた(写真:北川直樹)

画像: 昨季、負傷したエースRB山口の不在を支えたRB#6渡邊大は、最上級生の今季「泥臭く決め切る」をRBのテーマとしている(写真:北川直樹)

昨季、負傷したエースRB山口の不在を支えたRB#6渡邊大は、最上級生の今季「泥臭く決め切る」をRBのテーマとしている(写真:北川直樹)

【写真・文/北川直樹】


This article is a sponsored article by
''.