春季関東高校アメリカンフットボール大会は、6月16日(日)に東京・調布市のアミノバイタルフィールドで、準決勝2試合が行われ、法政二高と佼成学園が勝利し、23日の決勝に進出した。
写真/アメリカンフットボール・マガジン編集部

写真:終了1分12秒前、冷静にトライ・フォー・ポイントを決めた#19露峰哲太(右端)と、湧き上がる法政二高応援席

法政二高が終了直前に逆転

 第1試合は劇的な逆転劇となった。前半、2つのタッチダウン(TD)を許した法政二高は、知徳の積極的なディフェンスに手を焼いて、第4クォーター(Q)の中盤まで0ー13とリードを許した。

画像: 第1Q、知徳はターンノーバーで得たチャンスをRB村山竜平が9ヤードのTDに結びつけて先制した

第1Q、知徳はターンノーバーで得たチャンスをRB村山竜平が9ヤードのTDに結びつけて先制した

画像: 第1Q、第4ダウンギャンブルを成功させてあと、知徳のRB新井心が、ディフェンスを引きずりながら、5ヤードのTD。13-0とリードを広げた

第1Q、第4ダウンギャンブルを成功させてあと、知徳のRB新井心が、ディフェンスを引きずりながら、5ヤードのTD。13-0とリードを広げた

 第4Q、第4ダウンギャンブルを成功させるなどして前進し、WR滝澤叡がディフェンスを巧みにかわして18ヤードのTDランを奪い、7ー13と追い上げた。

画像: 第4Q、法政二高は、WR滝澤の18ヤードランで反撃の狼煙をあげた

第4Q、法政二高は、WR滝澤の18ヤードランで反撃の狼煙をあげた

 法政二高は、続く知徳の攻撃をパントに追い込む。そして、RB三原優也の巧みにディフェンスをかわしたランアフターキャッチでゴール前1ヤードに迫る。次のプレーも三原のランプレー。クオーターバック(QB)大橋功典のハンドオフを受けた三原は、オフェンスラインの後ろからエンドゾーンに飛び込んだ。これで13ー13とした法政二高は、直後に露峰がTFPを冷静に決めて逆転した。

画像: 27ヤードのパスと1ヤードのランで、ゴールラインを陥れた三原

27ヤードのパスと1ヤードのランで、ゴールラインを陥れた三原

佼成学園のうまさが光る

 準決勝第2試合は、佼成学園のうまさが随所に出た。

 第1Q、RB寺澤柊、北原健作の活躍で、2つのTDを奪って、14-0とリードする。第2QにもエースQB小林宏充から北原へのパスが決まり、北原が63ヤードを走りきって追加点を重ねるなど、王者の風格を漂わせた。

画像: 1本目のTDにつながるプレーを見せたRB寺澤柊。ゴール前1ヤードに迫り、直後のプレーで土屋天世がTD

1本目のTDにつながるプレーを見せたRB寺澤柊。ゴール前1ヤードに迫り、直後のプレーで土屋天世がTD

画像: 佼成学園2本目のTDはエースRB北原の21ヤードのラン。北原はランで114ヤード、パスレシーブで66ヤードと活躍した

佼成学園2本目のTDはエースRB北原の21ヤードのラン。北原はランで114ヤード、パスレシーブで66ヤードと活躍した

画像: 巧みなクォーターバッキングで、佼成学園オフェンスをリードしたQB小林。パスで215ヤードを獲得

巧みなクォーターバッキングで、佼成学園オフェンスをリードしたQB小林。パスで215ヤードを獲得

 立教新座は、第2Qの終了間際に浅井爽の26ヤードのFGで追撃するが、その後は、互いに販促やファンブルロストなどで膠着状態が続いた。

 試合が再び動いたのは、第4Qの終盤。佼成学園が、北原のTDランで追加点をあげると、その直後のシリーズで、立教新座は、QB宅和勇人が、自ら走ってエンドゾーンを陥れて、一矢を報いた。

画像: 立教新座のQB宅和は、ゲーム途中から登場し、終了間際に8ヤードのTDを奪った

立教新座のQB宅和は、ゲーム途中から登場し、終了間際に8ヤードのTDを奪った

 6月23日には、アミノバイタルフィールドで、知徳vs立教新座の3位決定戦が10時から、法政二高vs佼成学園の決勝が13時から行われる。


This article is a sponsored article by
''.