アメリカンフットボールのXリーグは、下位「X1エリア」の第2節でLIXILディアーズと電通キャタピラーズが対戦、LIXILが電通を破った。LIXILは開幕2連勝、電通は1勝1敗。

LIXILディアーズ○27-7●電通キャタピラーズ(2019年9月16日、東京・AGFフィールド)

画像: 【LIXIL vs 電通】第1クオーター、LIXILのエースRB大野が39ヤードを走ってファーストダウン=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第1クオーター、LIXILのエースRB大野が39ヤードを走ってファーストダウン=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

 LIXILが粘る電通を振り切った。LIXILは第1クオーター(Q)にK青木大介が2本のフィールドゴール(FG)を決め6点をリード。11分にRB徳永一輝が9ヤードを走ってタッチダウン(TD)、13-0とした。第2Qには、DB鈴木大輝がパントブロック。ボールを押さえて電通ゴール前1ヤードからのオフェンスとすると、RB徳永がエンドゾーンに飛び込んで20-0とした。

画像: 【LIXIL vs 電通】第1クオーター、FGを決めるLIXILのK青木。47ヤード、52ヤードと難しい長距離2本をしっかり決め、勝利の立役者となった=2019年9月16日 撮影 小座野容斉.jpg

【LIXIL vs 電通】第1クオーター、FGを決めるLIXILのK青木。47ヤード、52ヤードと難しい長距離2本をしっかり決め、勝利の立役者となった=2019年9月16日 撮影 小座野容斉.jpg

 第3Q4分、電通はQB多川哲史からRB北村翔へTDパスを決めて反撃。さらにターンオーバーで窮地を脱すると、第4QにLIXIL陣25ヤードまで攻め込むが、フォースダウンギャンブル失敗。LIXILは次のドライブでQB加藤翔平がWR石毛聡士へTDパスを決めてリードを再び20点差とし、逃げ切った。

画像: 【LIXIL vs 電通】第4クオーター冒頭、電通WR野金を狙ったロングパスをLIXILのDB杉本がインターセプト=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第4クオーター冒頭、電通WR野金を狙ったロングパスをLIXILのDB杉本がインターセプト=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

詰め甘いLIXILオフェンス 次節アサヒ飲料と決戦

 試合後、LIXILのアシスタントヘッドコーチを兼任する富永一オフェンスコーディネーター(OC)は厳しい表情だった。「オフェンスにミスが多い。決め切るべきところを決められない」。
 今の電通は、攻守に錚々たるメンバーがそろう。QB多川、山城拓也に加え、今季はノジマ相模原ライズから藤本亮も加入。世界選手権3大会連続日本代表のDT紀平充則、K丸田喬仁ら、歴戦のベテランに加え、関西学院大や早大で、甲子園ボウルにも出場した学生フットボールのエリートが名を連ねる。決して組みしやすい相手ではない。

画像: 【LIXIL vs 電通】電通DLの中央でセットするNTの紀平。世界選手権3大会連続日本代表だった実力者だ=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】電通DLの中央でセットするNTの紀平。世界選手権3大会連続日本代表だった実力者だ=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

 とはいえ、この日のLIXILオフェンスは詰めの甘さが随所に見られた。第1Qはサードダウンコンバージョンでパスを決められずにFG2本。いずれもベテランの青木が成功させたが、47ヤードと52ヤードは外してもおかしくない距離だった。
 後半は、第3Qに敵陣に攻め込みながら、WR石毛へのTDパスは、ホールディングで取り消しに。その後のWR井上翔太へのパスでも、ファーストダウンを奪いながらファンブルロスト。井上のファンブルは、タックルに来た電通の選手が倒れた時に足がボールに当たって掻き出されたアクシデンタルなプレーで防ぎきれない面もある。ただ、ゲームの中では起こり得ることで、やはりボールセキュリティ―が足りなかったということになる。

画像: 【LIXIL vs 電通】第3クオーター、LIXILのWR井上がパスをキャッチして走り30ヤードゲインするが、タックルした電通選手の足がボールに当たりファンブルする=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第3クオーター、LIXILのWR井上がパスをキャッチして走り30ヤードゲインするが、タックルした電通選手の足がボールに当たりファンブルする=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

 富永OCは「シーズンの中では、どこかでこういう試合が出てくる。これを次のアサヒ飲料(チャレンジャーズ)戦でやっていたら、アウトだった。とにかく2週間でしっかり立て直す」という。

 今季、X1エリアでは、富士ゼロックスミネルヴァAFCが、ここまで2連勝。前年順位の関係で、この後、上位のLIXILやアサヒ飲料との対戦がなく、6戦全勝の可能性もある。
 X1エリアからX1スーパーへ昇格可能性があるのは1チームで、今季公式戦終了後に、上位2チームによる入れ替え戦出場チームの決定戦がある。そこにゼロックスが名乗りを上げるかもしれない。
 開幕前はLIXIL、アサヒ飲料、アサヒビールシルバースターの「3強」が軸になると見られた「スーパー」昇格争いは、開幕2連敗のシルバースターが大きく後退。2連勝のLIXILもアサヒ飲料も、セロックスの快進撃に自力ではストップがかけられない以上、もう1敗もできない状態だ。
 LIXILは、この試合、4人の新米国人選手は、DB兼リターナーのマックス・ルックのみが出場したが、OLイアン・パークら3人も、いつでも出場できる準備ができている。
 9月29日、アサヒ飲料との生き残りをかけた1戦(大阪・エキスポフラッシュフィールド)、ディアーズは持てる力すべてを投入して、フルスロットルで戦う。【写真/文:小座野容斉】

画像: 【LIXIL vs 電通】試合後、笑顔を見せるLIXILの新米国人4選手。左からDBマックス・ルック、WRダコタ・トーレス、OLイアン・パーク、DLフレッド・ワイアット =2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】試合後、笑顔を見せるLIXILの新米国人4選手。左からDBマックス・ルック、WRダコタ・トーレス、OLイアン・パーク、DLフレッド・ワイアット =2019年9月16日 撮影 小座野容斉

画像: 【LIXIL vs 電通】第1クオーター11分、LIXILのRB徳永が9ヤードを走ってTD=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第1クオーター11分、LIXILのRB徳永が9ヤードを走ってTD=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

画像: 【LIXIL vs 電通】第2クオーター、電通RB北村のランを止めるLIXILのLB天谷=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第2クオーター、電通RB北村のランを止めるLIXILのLB天谷=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

画像: 【LIXIL vs 電通】第4クオーター、2年ぶりにチームに復帰したWR鈴木が30ヤードをゲイン。190センチの長身で快速。期待のウェポンだ=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第4クオーター、2年ぶりにチームに復帰したWR鈴木が30ヤードをゲイン。190センチの長身で快速。期待のウェポンだ=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

画像: 【LIXIL vs 電通】第4クオーター5分、LIXILのWR石毛がパスをキャッチしTD、リードを広げる=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

【LIXIL vs 電通】第4クオーター5分、LIXILのWR石毛がパスをキャッチしTD、リードを広げる=2019年9月16日 撮影 小座野容斉

おすすめ記事

NFL2019 カラー写真名鑑
B.B.MOOK1462


This article is a sponsored article by
''.