アメリカンフットボールの「Xリーグ」は、12月1日、横浜スタジアムで、下位「X1エリア」の優勝戦を行なった。アサヒ飲料チャレンジャーズ(レギュラーシーズン6勝・1位)とアサヒビールシルバースター(同4勝2敗・2位タイ)が対戦し、シルバースターがアサヒ飲料に競り勝ってX1エリア優勝を決めた。シルバースターはトップリーグの「X1スーパー」昇格をかけて、ノジマ相模原ライズと入れ替え戦(12月22日、富士通スタジアム川崎)を戦う。
画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】勝利を決めて喜ぶシルバースターの選手たち=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】勝利を決めて喜ぶシルバースターの選手たち=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

2019 X1 AREA ファイナル
アサヒビールシルバースター○34-31●アサヒ飲料チャレンジャーズ(2019年12月1日、横浜スタジアム)

  事前の予想通り点の取り合いとなった1戦、シルバースターが辛うじて逃げ切った。
 先制したのはシルバースター。第1クオーター(Q)最初のオフェンスでQBケダリアス・ハンフリ―ズが5回連続でパスを成功させゴールに迫り、K梅垣光理がフィールドゴール(FG)を決めた。アサヒ飲料も直後のドライブでK加藤拓海がやや距離のあるFGを決めて同点に。

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】シルバースターのQBハンフリ―ズは、今まで抑え気味だったランでも活躍した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】シルバースターのQBハンフリ―ズは、今まで抑え気味だったランでも活躍した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 第2Q2分、シルバースターはQBハンフリ―ズがWR戸倉和哉にTDパスを決めて10-3とするが、アサヒ飲料も9分にQBギャレット・サフロンからWR亀山暉にパスが決まり、再び追いついた。しかし直後のキックオフで、シルバースターは柳澤拓弥が87ヤードのキックオフリターンTD、17-10で後半へ折り返した。

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】第4Q、シルバースターのサードダウン19ヤードでQBハンフリ―ズから29ヤードのパスをキャッチしたWR戸倉=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】第4Q、シルバースターのサードダウン19ヤードでQBハンフリ―ズから29ヤードのパスをキャッチしたWR戸倉=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 後半は点の取り合いとなったが、シルバースターが31-24とリードして迎えた第4Q8分、アサヒ飲料はQBサフロンが自陣で痛恨のインターセプトでターンオーバー。シルバースターは着実にボールを前進させK梅垣のFGでリードを10点とする。残り1分で10点差、勝負はついたかと思われたが、アサヒ飲料はQBサフロンが執念のキャッチアップオフェンス、わずか23秒でパスTDを奪った。
 残り37秒からのアサヒ飲料のキックオフ。オンサイドキックは、殊勲のインターセプトのシルバースターDB榎本雄気がしっかり確保、アサヒ飲料の望みを断ち切った。

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】第3Q3分、アサヒ飲料WRのアール ジョンソンⅡが36ヤードのTDパスをキャッチ=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】第3Q3分、アサヒ飲料WRのアール ジョンソンⅡが36ヤードのTDパスをキャッチ=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】第3Q8分、シルバースターRBホッジスが13ヤードを走ってTD=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】第3Q8分、シルバースターRBホッジスが13ヤードを走ってTD=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

どん底から這い上がった「銀の星」

 開幕戦で富士ゼロックスミネルヴァAFCに競り負け、第2節では、この日戦ったアサヒ飲料に6-28で完敗。有馬隼人ヘッドコーチ(HC)が急きょオフェンスコーディネーターも兼任するなど、異例のシーズン中の体制変更を行なったシルバースター。

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】パスを投げるシルバースターのQBハンフリ―ズ。今季第3戦から登場し負け知らずだ=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】パスを投げるシルバースターのQBハンフリ―ズ。今季第3戦から登場し負け知らずだ=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 有馬HCは「シーズン中の変更は大変なチャレンジだった。第3節の名古屋サイクロンズ戦はわずか2日の練習で挑んだ。失敗してもおかしくなかった」と述懐する。LBの横尾拓二主将も「あの2連敗は、このチームの悪い部分が全部出た。しかし、あれがなかったら、逆にここまで来られなかったと思う」と話す。
 幸いなことに、このタイミングでQBハンフリ―ズの出場が解禁となり、オフェンスの得点力が一気に改善。さらに調整不足だったRBジョナ・ホッジスも、試合を重ねるごとに本来の動きを取り戻した。この試合で貴重なパスキャッチを連発したWR戸倉やLB横尾ら、ベテラン勢も奮闘し、チームはどん底から這い上がり、連勝を重ねた。

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】切れ味鋭い走りで勝利に貢献したシルバースターRBホッジス=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】切れ味鋭い走りで勝利に貢献したシルバースターRBホッジス=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 この日の試合後、低迷が続いたチームを、長年に渡り支援してきた泉谷直木オーナー(アサヒグループホールディングス取締役会長)に勝利を報告し、喜びの記念撮影をしたシルバースターの選手たち。だが「日本のフットボール界の輝ける星」の本当の復活は、3週間後のノジマ相模原戦に勝ってからだ。それはチームの誰もが分かっている。【写真・文:小座野容斉】

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】試合後、記念撮影に最後まで加わろうとしなかった阿部監督(中央)を呼び込む有馬HC、横尾主将(#49)、WR戸倉(#11)ら。中央左は泉谷オーナー=2019年12月1日 撮影:小座野容斉.jpg

【シルバースター vs アサヒ飲料】試合後、記念撮影に最後まで加わろうとしなかった阿部監督(中央)を呼び込む有馬HC、横尾主将(#49)、WR戸倉(#11)ら。中央左は泉谷オーナー=2019年12月1日 撮影:小座野容斉.jpg

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】87ヤードのリターンTDを含め、4回160ヤードのリターンで勝利に貢献したシルバースターRB柳澤=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】87ヤードのリターンTDを含め、4回160ヤードのリターンで勝利に貢献したシルバースターRB柳澤=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】第2Q2分、シルバースターWR戸倉が7ヤードのTDパスをキャッチ=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】第2Q2分、シルバースターWR戸倉が7ヤードのTDパスをキャッチ=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】第4Q残り37秒、アサヒ飲料のオンサイドキックをしっかりキャッチし、勝利を確実にして喜ぶシルバースターDB榎本=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】第4Q残り37秒、アサヒ飲料のオンサイドキックをしっかりキャッチし、勝利を確実にして喜ぶシルバースターDB榎本=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

画像: 【シルバースター vs アサヒ飲料】アサヒ飲料QBサフロンは、パスだけでなくスクランブルからのランでもシルバースターディフェンスを翻弄した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【シルバースター vs アサヒ飲料】アサヒ飲料QBサフロンは、パスだけでなくスクランブルからのランでもシルバースターディフェンスを翻弄した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

おすすめ記事

どんな男になんねん
関西学院大アメリカンフットボール部
鳥内流「人の育て方」
鳥内秀晃 / 著

NFL2019 カラー写真名鑑
B.B.MOOK1462


This article is a sponsored article by
''.