関東学生アメリカンフットボールリーグ戦BIG8は、12月1日(日)に横浜スタジアムで最終第7節の日本大学フェニックス(6勝)と桜美林大学スリーネイルズクラウンズ(5勝1敗)の1戦があり、日大が48-27で桜美林大を破って、7戦全勝でBIG8優勝を決めた。TOP8の慶応義塾大学が今季途中棄権で自動降格となるため、日大はチャレンジマッチを戦うことなく、TOP8復帰を決めた。日大は、今季の公式戦全日程を終了した。

 敗れた桜美林大は5勝2敗で横浜国立大学と並んだが、直接対戦で桜美林大が勝っているために、チャレンジマッチには桜美林大学が出場、12月14日にアミノバイタルフィールドでTOP8最下位の日本体育大学と対戦する。

画像: 【日大 vs 桜美林大】BIG8のリーディングラッシャー桜美林大RB荒巻のアウトサイドのランを追う日大DE宮川。この後きっちり追いついてタックルした=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【日大 vs 桜美林大】BIG8のリーディングラッシャー桜美林大RB荒巻のアウトサイドのランを追う日大DE宮川。この後きっちり追いついてタックルした=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

日本大学フェニックス○48-27●桜美林大学スリーネイルズクラウンズ(2019年12月1日、横浜スタジアム)

 日大は序盤からQB林大希のパスが好調で、第1クオーター(Q)にWR中野直樹、林裕嗣にタッチダウン(TD)パスを決めて主導権を握った。追う桜美林大は第2QにWR橋口虎乃丞がスペシャルプレーからTDパスをキャッチしたが、日大はK福岡勇斗のフィールドゴール(FG)で3点を加え、17-10として後半へ折り返した。

画像: 【日大 vs 桜美林大】第1Q、日大WR中野がQB林のパスをキャッチし先制のTD=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【日大 vs 桜美林大】第1Q、日大WR中野がQB林のパスをキャッチし先制のTD=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 第3Q、日大はパント処理のミスから桜美林大にTDを許し、同点に。その後QB林からホットラインのWR小倉豪にTDパスが決まって勝ち越したが、桜美林大もQB亀山一成がWRリュウジ・バンデューセンにTDパスを通して24-24の同点で第4Qにもつれ込んだ。

画像: 【日大 vs 桜美林大】パスを投げる桜美林大のQB亀山。2TDを決めたが3インターセプトは悔いが残る=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【日大 vs 桜美林大】パスを投げる桜美林大のQB亀山。2TDを決めたが3インターセプトは悔いが残る=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 FG1本ずつを加えた第4Q5分、WR林裕嗣が78ヤードのリターンTD。これを皮切りに日大はRB川上理宇の59ヤードランTD、DB岩﨑匠の35ヤードインターセプトリターンTDとビッグプレーを連発、勝負を決めた。

画像: 【日大 vs 桜美林大】橋詰監督(後方右)がサイドラインから見守る中、パスを決める日大QB林。今季はBIG8でトップのパス成績を残した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【日大 vs 桜美林大】橋詰監督(後方右)がサイドラインから見守る中、パスを決める日大QB林。今季はBIG8でトップのパス成績を残した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

 日大QB林は、試合冒頭から9回連続でパスを決めるなど232ヤード3TD、ランでも7回29ヤードと活躍した。桜美林QB亀山はパス310ヤード2TDながら3インターセプト。終始追う展開が続き、キャッチアップオフェンスとなったため、パスを狙われたのが響いた。

画像: 【日大 vs 桜美林大】日大のエースWR小倉はパスキャッチ5回155ヤードと活躍した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【日大 vs 桜美林大】日大のエースWR小倉はパスキャッチ5回155ヤードと活躍した=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

画像: 【日大 vs 桜美林大】ヒットした桜美林QB亀山に手を差し伸べ助け起こす日大DE宮川=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

【日大 vs 桜美林大】ヒットした桜美林QB亀山に手を差し伸べ助け起こす日大DE宮川=2019年12月1日 撮影:小座野容斉

おすすめ記事

どんな男になんねん
関西学院大アメリカンフットボール部
鳥内流「人の育て方」
鳥内秀晃 / 著

NFL2019 カラー写真名鑑
B.B.MOOK1462


This article is a sponsored article by
''.