高級腕時計で知られるリシャール・ミル ファミリーの青木瀬令奈が、JLPGAツアー2020-21シーズン第29戦『宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント』(6月10日~13日/六甲国際ゴルフクラブ[神戸市])で優勝した。

 青木の持ち味である正確なショットが発揮され、大会レコードの通算17アンダーでの戴冠となった。

 今シーズンは、なかなか思うようなゴルフをすることができず、苦しい展開となる大会が多かった青木だが、同じくリシャー・ミル ファミリーでレーシングドライバーの松下信治選手からアドバイスをもらっていた。

「自分が今いる場所が行きたかったところ。そこから自分で降りることはない」との言葉をかけられ、生死を懸けて戦う仲間に背中を押さたそうだ。

 まさにファミリーの力を証明した青木の優勝となった。

  リシャールミルジャパンでは、日本のファミリー達の活躍に応じて寄付を行う「リシャールミルジャパン基金 チャレンジプロジェクト」も継続して行っている。

 それぞれの活躍(プロゴルファーであれば1バーディ獲得で1万円増額など…)  青木らが手で表現するキツネポーズはこのプロジェクトの一環である。

 この発案者も青木が中心となり、ファミリー達が一緒に企画したプロジェクト。本プロジェクトの現在のチャリティ-収益金は3,560,000円となっている。

青木瀬令奈使用モデルはこちら

テニスのラファエル・ナダル(スペイン)使用モデルはこちら