close

2020-10-21

井上尚弥、ラスベガスで初練習

試合まで10日。発散するオーラが、ひと際鋭さを増した

全ての画像を見る
 31日(日本時間11月1日)、ジェイソン・マロニー(29歳=オーストラリア)を迎え撃つ、WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥(27歳=大橋)が20日(日本時間21日)、アメリカ・ラスベガスのトップランクジムで初練習を行った。


終日リラックスした様子だった前日

 前日19日(現地時間)、メディカル・チェック(眼科、MRI/MRA、PCR、血液、身体検査)を行った井上尚弥。PCR検査の結果も、チームスタッフ共々陰性でひと安心。


ロープを跳んで汗を流す

 この日はトップランクジムで、初練習に臨んだ。メニューはシャドーボクシング、サンドバッグ、ミット打ち、ロープスキッピング。ストレッチを行って終了というもの。
 ミットを持って“モンスターパンチ”を受けたのは、先ごろ引退を表明した前日本スーパーライト級王者で従兄の井上浩樹さん。限られた人数、スタッフで臨まなければならない、新型コロナウイルス状況下。尚弥はすでにこうなることを想定していたのか、今年3月に浩樹さんにミットを持ってもらい、“コンビネーション”をスタートさせていた。


今年3月、当時日本王者だった浩樹にミットを持たせ、“コンビ”をスタートさせていた 写真_山口裕朗

「実はタクがミットを持つのは上手いんですよ。でも、タクも試合が近いから」と、弟・拓真のミットを持つ才を語っていた尚弥。ミットを持っていて万が一のことがあったらマズい……ということで、従兄の“特訓”を早々に始め、準備をしていたのだ。このあたりも、まったく抜かりはない。


年明け1月にOPBF王者・栗原慶太(一力)戦が控える拓真も一緒にトレーニング

 夜はステーキをテイクアウトして、ホテルの部屋で食べたそう。体重調整も順調ということだろう。

すでに現地に溶け込んでいる様子

ボクシング・マガジン 11月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年10月15日発売BBM0292011A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE【10.31ラスベガス展望大特集】井上尚弥「前半から中盤で倒す!」ジェイソン・マロニー「バンタム級の誰にでも勝てる」【展望...

写真提供_大橋ボクシングジム

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事