close

2020-11-08

【ボクシング】西部日本─中日本新人王対抗戦結果 来月27日、西軍代表決定戦へ

ウェルター級戦、能嶋(奥)対平安山より

 8日、SAGAサンライズパーク(佐賀県佐賀市)で、西部日本新人王対中日本新人王の対抗戦6試合が行われた。予定されていた10試合中、4試合は練習中のケガによる棄権のため、不戦となった。
 この日勝利した選手たちは、12月27日(日)、エディオンアリーナ大阪第2競技場で行われる西軍代表決定戦へ進出。西日本新人王と戦う。

<ミニマム級>
ヨッシャー松本(HEIWA)
※西部地区のエントリーなし

<ライトフライ級>
脇山  望(FUKUOKA)
 各務 海都(尾張水野)
 判定3−0(39対36、38対37、38対37)

<フライ級>
鈴木尊虎(トコナメ)
※西部地区のエントリーなし

<スーパーフライ級>
春原 青空(本田フィットネス)
 野元 尚樹(岐阜ヨコゼキ)
 負傷引分1回2分39秒
※偶然のバッティングにより、野元が左目上をカットし続行不能。ジャッジ三者による優勢点により春原が勝者扱い。

<バンタム級>
冨田 風弥(伊豆)
 金城 寛季(平仲ボクシングスクール)
 判定3−0(39対36、39対36、40対35)

<スーパーバンタム級>
安西蓮(岡崎)
※藤原裕久(本田フィットネス)の棄権により不戦

<フェザー級>
福永  輝(沖縄ワールドリング)
 時弘 将志(とよはし)
 判定3−0(40対36、40対36、40対36)

<スーパーフェザー級>
樋口和輝(ARITOMI)
※仲里健太(平仲ボクシングスクール)の棄権により不戦

<ライト級>
深川隼人(本田フィットネス)
※神谷啓太(畑中)の棄権により不戦

<スーパーライト級>
高畠 愛大(タキザワ)
 寺田 亮樹(ビッグアーム)
 TKO4回2分33秒

<ウェルター級>
能嶋 宏弥(薬師寺)
 平安山太樹(ナカザト)
 判定3−0(39対35、39対35、40対34)

<ミドル級>
早川教文(中日)
※岡本一成(平仲ボクシングスクール)の棄権により不戦


◎西軍代表決定戦のカードは以下のとおり
☆ミニマム級
 小島蓮(江見)─ヨッシャー松本(HEIWA)

☆ライトフライ級
 木村彪吾(グリーンツダ)─脇山望(FUKUOKA)

☆フライ級
 神崎靖浩(倉敷守安)─鈴木尊虎(トコナメ)

☆スーパーフライ級
 杉本太一(勝輝)─春原青空(本田フィットネス)

☆バンタム級
 小林廉(エスペランサ)─冨田風弥(伊豆)

☆スーパーバンタム級
 福永宇宙(黒潮)─安西蓮(岡崎)

☆フェザー級
 三尾翔(グリーンツダ)─福永輝(沖縄ワールドリング)

☆スーパーフェザー級
 福田星河(エディタウンゼント)─樋口和輝(ARITOMI)

☆ライト級
 戸川叡二(姫路木下)─深川隼人(本田フィットネス)

☆スーパーライト級
 高橋良季(オール)─高畠愛大(タキザワ)

☆ウェルター級
 ビッグベイビー岡本(六島)─能嶋宏弥(薬師寺)

☆ミドル級
 中田勝浩(井岡弘樹)─早川教文(中日)

ボクシング・マガジン 11月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年10月15日発売BBM0292011A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE【10.31ラスベガス展望大特集】井上尚弥「前半から中盤で倒す!」ジェイソン・マロニー「バンタム級の誰にでも勝てる」【展望...

取材・写真_西村華江

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事