close

2020-11-12

【ボクシング】藤本京太郎が引退 総合格闘技へ復帰

日本ヘビー級の旗手として活躍してきた藤本

ヘビー級のトップボクサー、藤本京太郎(角海老宝石)が12日、日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出した。今後は再び総合格闘技に挑戦する。

 角海老宝石ジムによると、コロナ禍の情勢により海外遠征や外国人選手の招聘が困難になった中、ヘビー級では選手不足から試合が成立しない状況。加えて日本の現行ルールでは異種格闘技との兼業ができないこともあり、藤本は一度ライセンスを返上することにしたと説明した。藤本はかつて活動したK-1などの総合格闘技に復帰する意向で、今後、国内外を問わずプロボクシングの試合出場が可能になった際には、改めてJBCにライセンスの再取得を申請するという。

 角海老宝石ジムは「藤本京太郎の今回の決断・行動により現行ルール改定がなされ、選手不足で試合開催に影響が出ている階級(軽量級・中重量級)および、プロボクシング業界のさらなる活性化につながれば幸いです」とコメントした。

藤本は大阪府出身の34歳。K-1の世界王者から2011年、プロボクシングにデビュー。日本、東洋太平洋、WBOアジアパシフィック王座を獲得し、国内ヘビー級の旗手として世界進出のチャンスをうかがってきたが、昨年12月、イギリスで世界ランカーのダニエル・デュボアに2回KO負けした。戦績は23 戦21 勝(13KO)2敗。

ボクシング・マガジン 12月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年11月13日発売BBM0292012A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE日米総力特集井上尚弥――伝説は第2章へ。ジェイソン・マロニー戦ラスベガス現地レポート/杉浦大介精密右カウンターで"聖地"の...

写真/BBM

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事