close

2020-11-13

【女子ボクシング】吉田実代の世界V2戦が決定 12・13大阪で奥田朋子と

実衣菜ちゃんと初防衛を喜ぶ吉田。この日から1年が経とうとしている

WBO女子世界スーパーフライ級チャンピオン吉田実代(三迫)の2度目の防衛戦が決まった。12月13日、エディオンアリーナ大阪第2競技場で、東洋太平洋&日本女子バンタム級チャンピオンの奥田朋子(ミツキ)とのタイトルマッチ10回戦に臨む。

 昨年大晦日にV1を果たしてから1年。ようやく迎える舞台に「このような先が見えない状況で、試合ができることに感謝します」と、吉田は新たな環境から再出発する喜びをリモート会見で語った。8月、2014年のデビュー以来所属してきたEBISU K’s BOXから三迫ジムに移籍。8人の男子現役王者を抱える名門で心機一転、レベルアップを図ってきた。

 「皆さんの熱がすごくて、教えられることも多く、緊張しながらも早く追いつきたい気持ちでやってきました」と吉田。男子選手とスパーリングする機会にも恵まれ、新たに師事した加藤健太トレーナーとともに成長を実感している。

挑戦者の奥田については「よく動いて、やりにくそうかな。長身でリーチも長そう」と印象を語るが、「負けるつもりはさらさらない」と自信は揺るがない。「自分の距離を保つこと。動きを止めないこと」を念頭に、「対策というより、基礎の部分をしっかりできれば勝てる」(加藤トレーナー)と、自分のボクシングに徹することを期す。

外出自粛期間中はインストラクターの仕事もほとんどなくなり、練習も家でやれることに限られたが、この間、5歳になる娘の実衣菜ちゃんとは濃密な時間を過ごせた。ジムの移籍も「ママがやりたいように。でもボクシングだけはやめないで」と“一番の理解者”に背中を押してもらったという。

アウエーでの防衛戦にも「それ(不安)をかき消すような練習をさせてもらっている。加藤トレーナーに教わったことを試すのが楽しみです」と、吉田は進化した姿を大阪のリングで披露するつもりだ。

ボクシング・マガジン 12月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年11月13日発売BBM0292012A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE日米総力特集井上尚弥――伝説は第2章へ。ジェイソン・マロニー戦ラスベガス現地レポート/杉浦大介精密右カウンターで"聖地"の...

写真/BBM

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事