close

2020-11-14

【ボクシング】試合中止の京口紘人が会見 タノンサックに「チャンスあげたい」

沈痛な面持ちで現在の心境を語る京口

新型コロナウイルス陽性反応で3日に予定していたタイトルマッチが前日に中止となったWBAスーパー世界ライトフライ級チャンピオン京口紘人(ワタナベ)が14日、オンラインで記者会見を開き、謝罪とともに今後の精進を誓った。

12日午後に大阪市内のホテルでの隔離期間が解け、その日のうちに新幹線で帰京したという京口。黒のスーツ姿で臨んだ会見では、神妙な表情で「今回の試合に関わった多くの方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけしました。対戦相手に申し訳ない気持ちで一杯です」と謝罪の言葉を述べた。

試合の前日に陽性反応が出たときの心境は「もし(感染が)自分や関係者だったら、という不安が現実になり、いろいろなものが崩れ落ちた気持ちになった」と明かした。ひと月前から週に2~3回は抗体検査を行うなど「予防対策は徹底していた」はずが、まさかの結果に「改めて目に見えない恐怖を感じた」と語った。

ホテルの部屋に隔離されて最初の数日間は「いろいろ考えて気持ちが落ち込んだ」というが、症状が出ることはなく、5日目くらいから室内でトレーニングを再開。この間、支えになったのはファンや家族ら多くの人から送られた励ましの言葉だったという。

ワタナベジムの渡辺均会長は「今後、コロナ対策をジム経営の最重要課題にしていく」とした上で、タノンサック・シムシー(タイ)戦の開催を慎重に検討していく考え。京口も「(隔離など)過酷な環境をクリアした選手。またチャンスをあげたい気持ちはある」と、タノンサック戦の実現を望んだ。

複数の新型コロナ感染者の判明で現在休館中のジムは、8日の全面消毒を経て、16日から時間を短縮して営業を再開する。京口も同日からジムワークを始める予定という。「いろいろなことを考えて、以前とは違う自分になったかなと思う」と京口。「試合を楽しみにしていてくれたファンの方たちの期待に応えたい。一番大きいのはその気持ちです」と、恩返しを誓った。

ボクシング・マガジン 12月号 | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年11月13日発売BBM0292012A4判定価 本体1045円+税ContentsCOLOR GRAVURE日米総力特集井上尚弥――伝説は第2章へ。ジェイソン・マロニー戦ラスベガス現地レポート/杉浦大介精密右カウンターで"聖地"の...

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事