close

2020-12-26

【ボクシング】うなる怪腕! 佐々木尽が圧倒的なTKO勝ち

佐々木のパワーパンチが爆発。新鋭対決をTKOで制した

全ての画像を見る
 東西のホープ対決となった日本ユース・スーパーライト級王座決定戦8回戦は、26日、東京・墨田区総合体育館で、注目の伊藤雅雪(横浜光)対三代大訓(ワタナベ)戦の前座として行われ、不敗のKOキング、佐々木尽(19=八王子中屋)が、石脇麻生(21=寝屋川石田)から3度のノックダウンを奪って、3ラウンド2分50秒TKO勝ちを収めた。佐々木はこれで10戦全勝9KOとなった。

 石脇の鋭敏なアウトボクシングを、佐々木が自慢のパワーでまたたくまにもみ消していく。長く、速いジャブをボディ、顔面に刺しこんで先行する石脇に、佐々木は右を痛打。佐々木にしがみついて何とか耐えた石脇を振りほどくと、今度は左フックでキャンバスに叩きつける。右ストレートからの左フックで2度目。さらに右パンチを浴びた石脇のヒザが折れかけたときに、ファーストラウンド終了のゴングが鳴った。

 2ラウンドはその冒頭、佐々木が肩から打ち落とす右クロスで石脇をばたつかせる。石脇は勇敢にもジャブで切り返しにかかるが、またも右一撃で危機の淵に立たされた。3ラウンド、立ち上がりに右拳をねじ込んだ佐々木は、力をじっくりとため込むようにプレスをかけていく。一気の連打から最後は左フック。倒れこんだ石脇にレフェリーはノーカウントでストップをかけた。

「KOできてうれしい。これからもKOを続けたい。コロナの影響もあるから、十代のうちにというのは難しいかもしれないけど、来年中にはチャンピオンになりたい」

 来年7月に20歳になる佐々木のパワーは圧巻。おそるべきティーンエイジャーと呼びたい。

キャリア、パワー、技術すべてに上回る赤穂が中村を倒す

赤穂亮は貫禄のTKO勝ち

 セミファイナル8回戦には、WBO世界スーパーバンタム級11位の赤穂亮(横浜光)が登場。日本スーパーフライ級6位の中村祐斗(市野)を2ラウンド1分52秒でTKOに破った。

 赤穂は14ヵ月ぶりのリング。中村もがんばり屋だが役者が違いすぎた。少しクセのあるフォームからジャブ、フック、アッパーと繰り出す中村はいかにも非力。赤穂は着実に追い詰めていく。左フックのボディショットでまずは痛めつける。2ラウンドの半ば、右スイングで中村をロープに叩きつけると、猛烈な追撃。最後は右でなぎ倒す。レフェリーはカウントを取らずにストップをコールした。

「40戦目(36勝24KO2敗2分)の今日の勝利がこれまでで一番うれしい。来年は和氣慎吾(FLARE山上)、久我勇作(ワタナベ)を倒しているジュンリエル・ラモナル(フィリピン)と対戦したい」
 2度の世界挑戦経験を持つ赤穂は34歳だが、その強打は健在である。

たくみに圧力をかける坂井(左)は小原に判定勝ち

 8回戦はそのほか2試合。メキシコでキャリアを積んだ日本ウェルター級8位、坂井祥紀(横浜光)は日本へのUターン第2戦。たくみなペースメイクで小畑武尊(ダッシュ東保)を支配しながら、決め手がなく判定勝ちにとどまった。強打者同士の対戦となった千葉開(横浜光)対石川春樹(RK蒲田)戦は、日本バンタム級7位にランクされる千葉の正確なパンチが大きく上回り、判定勝ちを手に入れている。

強打者同士の対戦は千葉(左)が石川を大差判定で下す

文◎宮崎正博 写真◎小河原友信

ボクシング・マガジン 1月号

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事